ビデオ監視ストレージ・ソリューション

直接的で透過的なデータ・アクセスとデータ管理

単一のファイル・システムでストレージ基盤の管理を簡素化

ビデオ監視ワークフローでは、どのクライアント端末からもいつでも簡単にデータへアクセスできることが非常に重要です。さまざまな種類のストレージ階層の全体へ透過的にアクセスできるようにすることは共通の問題であり、高性能ストレージはあるベンダーの製品を使い、テープへのデータバックアップに別のベンダーの製品を使うといったように、異機種のストレージ・プールを構築することになります。単一ファイルのソリューションがなかったら、データにアクセスし検索するためにIT部門の力を借りる必要がでてきます。警備会社や警察機関が特定の日時の特定のデータ・スライスを探す場合には、時間が鍵となります。あたかもローカル・コンピュータのCドライブを見ているような明解なストレージ・ソリューションを構築できれば、ファイルがある物理的な場所に左右されずに済み、最終的には時間と経費を削減でき、作業効率も高まります。

クアンタムは、セキュリティ&監視インフラストラクチャの基盤を提供

容易なアクセスと管理

実際にはファイルがタイプの異なるストレージ階層に置かれていても、ユーザーの目には、自分が保存した場所にファイルが置かれているように見えます。あたかもローカル・コンピュータのCドライブを見ているような明解さです。バックエンドの操作で、自動的にデータの移行を処理するように保持とデータポリシーを設定することができるため、エンド・ユーザーが手動で管理する必要がありません。

スピードの重要性

即時アクセスが可能。StorNextでは、データがどのストレージ階層に存在していようと、迅速なアクセスが可能です。ファイルの数が増え、サイズが肥大化し、ワークフローが複雑になると、重点はデータから洞察と行動へと移ります。今日は、これまで以上に、すばやくデータへアクセスできることが重要になっています。

オープンな統合

主要なプラットフォームをすべてサポートし、エンド・ユーザーが自由にプラットフォームを選択できるようになれば、どのクライアント端末からも直接データへアクセスできるようになります。StorNextは、既存のワークフローおよびネットワーク・インフラストラクチャにシームレスに適合するため、管理コストを削減し、既存の投資の保護を強化します。

階層型ストレージの価値はその透明性

透過的なアクセスでは、ファイルは元のファイル・システムの場所に表示されるため、ファイルが物理的に存在する場所を考える必要がなくなり、最終的には時間を節約し、作業効率が高まります。ストレージ・ソリューションとワークフロー・アプリケーションを可視化することは、監視インフラを1つの包括的なソリューションに統合して、パフォーマンスとアクセスを向上させるために重要です。

お客様に共通の課題

ストレージの孤立化

階層型ストレージでは、どの監視データにも一貫したアクセスが可能

証拠保管の明確な継続性

データの保存場所にかかわらず、あらゆるデータへ透過的かつ迅速にアクセス

ITスタッフの増員

ITサポート・スタッフの増員は不要。1つのファイル・システムでどのファイルも簡単に特定および表示が可能

迅速なアクセス

高速ディスクならミリ秒、大容量ディスクなら数秒で、ファイルベースのテープなら2分以内にファイルの場所を特定

ビデオをビデオベース分析に使用

ビジネス・インテリジェンスのデータを分析できるよう、接続性とアクセス性の高いスケーラブルなファイル・システムを提供

コラボレーション

コンテンツを1か所で集中管理し、さまざまなプラットフォームとワークフローでファイルの同時共有が可能

当社のビデオ監視の専門家にご相談ください

クアンタムの実績あるストレージ・ソリューションがどのように役立つか詳細については、当社のビデオ監視ソリューションの専門家にご相談ください。