進化するビデオ監視環境

1990年代にIPベースのカメラが導入されて以来、業界は着実にアナログ・システムからネットワーク・ソリューションへ移行しました。オンボード解析、高解像度、および高速フレームレートなど、カメラ技術は進化し続け、映像データは大幅に増加し、それとともにストレージ・インフラストラクチャ強化のニーズが高まっています。

高品質ビデオとともに、映像解析アプリケーションには数多くの機能が追加され、より精巧なものになっています。そして新しい事業部門がこれに着目し、監視ビデオをビデオベースのデータに変換することで、適切なビジネス上の意思決定を最終的に行っています。

ビデオ監視コンテンツから多くの価値を引き出すには、ビデオベースのデータをサポートする総合的なストレージ・インフラストラクチャが欠かせません。ビデオ監視インフラストラクチャが従来のストレージ・ソリューションによる制約を受けないようにするは、マルチ階層型ストレージを活用するアプローチをワークフローに取り入れる必要があります。

固定カメラ

固定カメラ

クアンタムでは、50 / 100 / 250 / 500 / 1,000 / 10,000台の固定カメラをインストールできる6階層のリファレンス・アーキテクチャを開発しました。

詳細を見る
ゲートウェイ・システム

ゲートウェイ・システム

クアンタムのゲートウェイ・アーキテクチャは、Articoのアプライアンスを使用して既存のストレージ環境にも対応可能なため、コストのかかるフォークリフト・アップグレードをせずにストレージを拡張することができます。

詳細を見る
法施行

モバイル・カメラ

導入と管理を簡素化するクアンタムのモバイル・カメラ・ストレージ・アーキテクチャは、データ保持の柔軟なオプションを提供します。

詳細を見る

業界が認めるクアンタムのビデオ監視ストレージ・ソリューション

製品に関する情報を受け取る
電話:03-4360-9255 | Email:JAPAN_INFO@QUANTUM.COM
このようなソリューションを必要としている方 詳細情報を
要求する
お問い合わせ