地理空間データの管理は容易ではない

ビデオ解像度の向上、センサー技術の急速な進歩、小型人工衛星による衛星画像の一般普及、およびデータ融合の技術革新。これらはすべて新たなビジネスチャンスをもたらします。しかし、こうした技術の進歩はストレージの課題を生み、画像の大規模な流入への対応に組織は追われています。

地理空間データを扱うチームは今や、かつてない規模の重要なデータを高速で取り込み、共有アクセスすることを必要としています。

高速ストレージでデータを実用的な情報へ変換

データの使用目的が防衛、諜報、緊急時の対応、あるいは人道的支援であるかどうかに関わらず、地理空間データのアナリストは、画像を取り込み、さまざまなソースのデータを融合し、共通の運用画像を作成し、ISRデータを実用的な情報に変える必要があります。

今日のセンサーと画像は、いずれもロケーション・ベースであるため、地理空間座標が、データを総合するためにGISアプリケーションが使用する共通の分母となっています。GISの主な役割は状況認識を高めることですが、場所、時間、方法に関わらず、必要とする重要なデータへ地理空間データを扱うチームがアクセスできるようにするためには、さらに高性能の共有ストレージが必要とされます。

地理空間データのワークフローを可能にすることを重視

高速データ取り込み

地理空間データのワークフローには、高速のデータ取り込みとアクセスを実現するための最も厳しい要件があります。クアンタムの高速ストレージは、ワークフローにかかる時間を短縮し、管理が可能なプロジェクトの数を増加させます。

チーム全員で共有アクセス

インテリジェンスはチームワークです。データへの共有アクセスを必要とするユーザーの数が数十人、数百人、または数千人にかかわらず、StorNextでは、SANやLAN経由だけでなく、クラウドを介したファイル共有が可能です。

ペタバイトのデータに対応する拡張性

人工衛星とセンサーの増加やファイルの数とサイズの増大が示すように、データの増加、特に地理空間データの増大が今日の課題となっています。地理空間データを扱うチームは、大規模にかつ低コストで拡張できるストレージ・ソリューションを必要としています。

階層化によるコスト削減

今日のデータ増加に対処するには、ストレージを単に拡張するだけでなく、低コストで拡張できることが重要です。クアンタムの階層型ストレージを使用すると、SSD、ディスク、オブジェクト・ストレージ、テープ、またはクラウドに保存されたファイルへの費用対効果の高い階層化とアクセスが可能です。

今日の地理空間データのアーカイブの課題に対処

地理空間データの長期的な価値は、多くの場合、最初に収集されたときだけでなく、将来的にも活用される価値にあります。将来の分析のためにミッション・クリティカルなデータを、パフォーマンス、アクセス性、コストの3つの要素のバランスがほど良くとれたスケーラブルなストレージ・ソリューションに保存することが重要な理由はここにあります。今日の大規模なデータの増加に対応するために、保存するデータに見合った適切なストレージ技術を適切なタイミングで提供することが、大きな経済的メリットをもたらします。

ペタスケールのアーカイブを管理し、将来の事象に結び付けられるようにデータを保管しておくには、適切なスケールアウト・ストレージ・ソリューションが欠かせません。

詳細を見る

データ内の点と点を結ぶ — クレヨンなし

GEOINTの現在の目標はこれまでと変わりません。データから有益なインテリジェンスを引き出すことです。小型人工衛星、4K映像、センサー、モバイル・デバイス、そして発見を可能にする分析・データ視覚化ソフトウェアなど、あらゆるところで技術革新は行われており、こうしたすべての技術革新によって管理、分析、結び付けが必要な膨大なデータが生成されています。

GEOINTで私たちが行った講演で、このような点と点をすべて結びつけるうえで人々が直面する課題、そして点を結び付けるどのパターンが重要かを認識するより大きな課題について詳しく説明したのは、こうした理由からです。この講演を聞き逃していても問題ありません。

ブログを読む

共通状況図(COP)を可能にするデータ共有

コラボレーションは地理空間分析の最優先事項です。Xcellisワークフロー・ストレージは、ネットワークのトポロジー、クライアントのOS、ファイル共有プロトコルが混在していても、ファイルへの高性能な共有アクセスが可能な設計になっています。StorNextファイル・システムを数百名のユーザーが共有することも珍しくなく、Lattusオブジェクト・ストレージによりStorNextデータをクラウドとHTTP RESTプロトコルを使用して共有できるようになりました。StorNext 5のようにハイレベルなコラボレーションを提供しているストレージ・プラットフォームはほかにありません。

地理空間データを扱うお客様が寄せるクアンタムへの信頼

NASAの地球観測データに関するQuantum StorNextの事例

NASAの人工衛星から毎日テラバイトの科学的データを受信

大地、海洋、大気に関するデータは、世界中の気候研究者が利用できるように処理される必要があります。

事例を見る

当社の地理空間データ向けストレージの専門家に
ご相談ください