ハイブリッド・クラウド環境でのデータの保持、保護、管理が容易

パブリックおよびプライベート・クラウドのためのQuantum ArticoインテリジェントNASストレージ・アプライアンス

シンプルさとコスト効率という2つのクラウド要件に対応

クアンタムのArtico™NASアプライアンスの導入は、IT部門や事業部門の業務を中断することなく、ハイブリッド・クラウド環境を構築するためのシンプルな、コスト効率の高い方法です。Articoでパブリックまたはプライベートのクラウド・ストレージへのアクセスを構成する方法は、NAS共有の接続と同じくらい簡単です。クラウドへの接続をArticoが推量するため、アプリケーションが「クラウド対応」になるまで待つ必要がありません。単に、NAS共有を設定し、データの保護と長期保存のためにパブリック・クラウドまたはプライベート・クラウド、あるいは両方を利用するポリシーを設定するだけです。それ以外の設定は自動的に行われるため、ITリソースの負荷が削減されます。さらに、オフサイトおよびオンサイトの両方のストレージ要件を満たすために、ハイブリッド・クラウド対応ソリューションを活用する際の複雑さも低減されます。Articoのような自動化ソリューションは、データへの高速アクセスやオフサイトのデータ保護をはじめ、貴重なデータや規制対象データの長期保存に向けてストレージ・コストを全体的に削減するための最良の方法です。

 

ストレージ管理の課題

より多くのデータをより長く保持するだけでなく、ビジネス・ユーザーがいつでもアクセスできるようにすることが、以前よりも増して求められています。膨大な量のデータとコンテンツを生み出すエンジニアリング部門やマーケティング部門、法務部門、研究部門のビジネス・ユーザーは、データが作成された後もずっと継続的にそのデータへアクセスすることを必要とします。この増大するデータを高性能のプライマリ・ストレージに長期間保存して管理することは、コスト的に法外なものとなり、システムとネットワークの全体的なパフォーマンスに影響を与えることにつながり、データの成長に合わせて高価なアップグレードを何度も行うことになります。また、オフサイトまたはオフラインのテープにこのデータをアーカイブすることは、多くの場合、ビジネス・ユーザーが直接アクセスできないため、IT部門による検索が必要とされます。これは時間がかかり、ITリソースを消費し、ユーザーにとっても良いことはひとつもありません。

クラウド・コストが減少する中、IT部門はストレージ管理プロセスにクラウド戦略を取り込もうとしています。これまでの問題は、効果的にクラウドを活用するためのソリューションは複雑であったため、ITとビジネスの両方のユーザーの業務を妨げ、実装が困難であったということです。

 

データの長期保持ためのハイブリッド・クラウドの実装

 

  • シンプルな、インテリジェントNASアプライアンスを介したデータの保存、保護、アクセス
  • 自動化されたポリシーに基づいてオンサイトおよびクラウド・ストレージ間のデータ移動を制御
  • ビジネス・ユーザーとITの業務を中断しない

 

Quantum Artico NASストレージは、シンプルでコスト効率的かつ業務を中断させずに、ご使用の環境にハイブリッド・クラウド・ストレージを実装する方法を提供します。クラウドへのデータ移行は簡単です。組み込みのStorNext®ソフトウェアにより、Articoはインテリジェントな、ポリシーベースの保護を提供し、プライベート・クラウド用にLattus™オブジェクト・ストレージ、パブリック・クラウド用にQ-Cloud™ ArchiveとQ-Cloud Vault(それぞれAmazon のS3とGlacierを利用)に階層化を行っています。また、Articoでは、もう1つの低価格のストレージ・オプションであるテープにも階層化が可能です。

Articoのクラウド接続は、使いやすいGUIでワンクリックするだけです。データは自動で継続的に最も適切なストレージ階層(オンプレミスまたはクラウド)に移動され、同時にデータを自動保護します。ユーザーは、Articoのポリシーを調整して、Articoの内蔵ディスク・ストレージにデータ保持する期間や他のストレージ階層に移行するタイミングだけでなく、プライベート・クラウドや他のストレージにオンプレミスに保持するコンテンツ量とパブリック・クラウドに保存する量などを設定できます。このようにすることで、ビジネス・ユーザーの個々のニーズに合わせて、データにアクセスする時間を最適化することができます。また、Articoのポリシーによってファイルのコピーを複数作成することで、データ保護を自動化し、コンポーネントの障害やサイトの災害からデータを保護することができます。

ビジネス・ユーザーの業務を妨げずに、データへのアクセスは提供されます。クラウドへのデータの移行後も、ユーザーのファイルへのアクセスは変わりません。Articoのインテリジェントなファイル・システムがデータの現在の場所(ディスク、オブジェクト、クラウド、またはテープ)を監視し、ストレージ階層から自動的にデータを取り出します。Articoは、データの実際の存在場所にかかわらず、一貫性のある方法でファイルのある場所を示します。

 

迅速なROI。データへの高速アクセス。

Articoには、ストレージのTCOを削減し、ストレージのコストを最適化する複数の方法があります。Articoを使えば、すべてのデータを高性能なプライマリ・ストレージに格納する必要がなくなるため、その結果、コストが削減され、本番環境のストレージ・システムのパフォーマンスが向上します。また、このデータが定期的バックアップ・プロセスに含まれなくなるので、バックアップ・ストレージとソフトウェアのコストを節約できるだけでなく、バックアップの期間も短縮されます。最後に、ハイブリッド・クラウド環境に複数のストレージを階層化しておけば、Articoの自動データ移行ポリシーを調整することで、ストレージの各階層(オンプレミスとオフプレミス・ストレージを含む)のコストを一元的に管理し、最適化することができます。

したがって今後は、同じデータのコピーを複数格納するために(本番環境システムと重要なアプリケーション のパフォーマンスを低下させる)、高価なプライマリおよびバックアップ・ストレージに投資をかけるのではなく、データへのアクセスを必要とするユーザーの日々の生産性に影響を与えることなく、階層型されたハイブリッド・クラウド環境で、データへのアクセス、格納、管理、安価なストレージへの保護を行うことができます。

 

ハイブリッド・クラウドへの魅力的なエントリ・ポイント。ユーザーの業務を中断することなくペタバイトまで拡張

Articoは、ストレージ・プラットフォームのすべての形態にわたってアーカイブ・データを管理することができます。これにより、ユーザーは、小規模のパブリック・クラウド・ストレージで開始し、データのニーズの成長とともに、パブリックおよびプライベート・クラウド・ストレージ、テープなどをさまざまに組み合わせて、ペタバイトのストレージまで拡張できます。

詳細は、 http://www.quantum.com/jp/products/archive-storage/artico-nas/index.aspxをご覧ください。

ソリューションの特長

  • 完全統合されたシステムArticoは、ストレージ・コストを削減し、生産性を最適化するように設計されたNASベースの共有ストレージ・ソリューションです。
  • 高性能の共有ディスク・ストレージあらゆるタイプのワークグループのためにコラボレーティブなワークフローを可能にします。
  • クロスプラットフォームのコラボレーションLinux、Windows、UNIX、Mac OS Xオペレーティング・システム間でのコラボレーションが可能。展開を簡素化し、各種のアプリケーションを幅広くサポート。
  • StorNext 5上に構築世界中の数万の厳しいワークフロー環境で証明された、数々の賞を受けたファイル・システム・ソフトウェア。
  • クアンタムの世界クラスのサポートクアンタムは世界180か国以上にまたがり、Artico、StorNext、Scalar®、Lattusオブジェクト・ストレージ、Q-CloudアーカイブおよびQ-Cloud Vaultなどの幅広い製品ラインのために、24時間365日オンラインで専門家による多言語の電話サポートを提供しています。

データの保護に関しては、クアンタムのほかに重要なものはありません。

電話 03-4360-9255 | EMAIL JAPAN_INFO@QUANTUM.COM
このようなソリューションを必要としている方 詳細情報を
要求する
お問い合わせ