クラウドのアーカイブ管理

従来のクラウドのコンテンツ・アーカイブはアクセスが困難で管理も煩雑

ストレージの歴史の大半において、データ保存はビジネスとって欠かせない業務となっています。データをアーカイブすることで、企業は、規制要件を満たし、ファイルのコピーを安全に保管し、コンテンツの価値を後で再評価することが可能になります。これによって、プライマリ・ストレージの負荷が軽減され、現在のワークロードのためにリソースを解放することができます。

クラウド・サービスの出現により、初期投資やソフトウェアとハードウェアの定期的な更新、社内のハードウェアベースのアーカイブ・システムの運用に関連する諸経費なしに、データをアーカイブすることが可能となりました。しかし、アーカイブのためにクラウドを活用することは、必ずしも言われているほど簡単なことではありません。パブリック・クラウド・サービスの基盤となっているデータ管理技術によっては、IT組織は、追加のソフトウェアを購入し、ハードウェアのクラウド・ゲートウェイをインストールし、あるいはファイル転送のために独自のコードを記述する必要になる場合もあります。検索のためにファイルがどのように整理され、管理されているか。自分の使いやすいアプリケーションを使用するナレッジワーカーが、必要なときにどのようにクラウドを利用することができるか。クラウド・アーカイブの管理が適切なものでないと、ITプロフェッショナルにとってさらに悩みの種が増えることになります。

ワークフローに組み込まれたQ-Cloudアーカイブ

クアンタムでは、コンテンツの保存だけでなく、高性能ストレージを活用する効率的なワークフローの構築に焦点を当てています。クラウドを別プロセスとして運用するのではなく、ワークフローに組み込んだクラウド・アーカイブ・システムを開発した理由はここにあります。クアンタムのStorNext®環境は、ビジネス・ルールと使用パターンに基づいて、必要な場所にファイルを自動的に移動またはコピーするように設計されています。StorNextのQ-Cloudアーカイブは、インテグレーション自体の構築やファイルの手動操作の煩わしさを排し、クラウドのもつ柔軟性と経済性(設備投資の削減)を活用します。

ユーザーが直接コンテンツ・アーカイブにアクセス

Q-Cloudアーカイブでは、クラウドはストレージ環境の一部となります。StorNextは、さまざまなシステム間のコンテンツの移動をポリシーに従って管理します。IT部門やファイルを探しているユーザーは、いつでもクラウド内のファイルを確認できます。ローカル・ストレージの格納スペースを再利用するためにファイルが削除された場合でも、ファイルのある場所を参照するスタブがStorNextによって維持されます。

セキュリティと信頼性

Q-CloudアーカイブはStorNext環境に統合されているため、信頼性の高いオフサイト・ストレージの利用が必要になったときに迅速に対応できる柔軟性の高いツールとなっています。また、業界で最も広く使用されているパブリック・クラウド・サービス上に構築されているため、Q-Cloudアーカイブには、組み込みのデータの回復力とシステムに固有のファイル保護機能が備わっています。

関連製品

StorNextとQ-Cloud アーカイブでクラウド・アーカイブの課題を解決する方法の詳細については、今すぐクアンタムまでお問い合わせください。

要求の厳しいデータ・ワークフローのためのシンプルで柔軟なオンデマンドのクラウド・ストレージとして実績が認められたソリューション

電話 03-4360-9255 | メール JAPAN_INFO@QUANTUM.COM
このようなソリューションを必要としている方詳細情報を
要求する
お問い合わせ