StorNextの高度なデータ管理

すべてのクアンタムのスケールアウト・ストレージの中心には、StorNextの高度なデータ管理が存在しています。StorNextデータ管理は、世界で最も過酷なワークロードを処理できるように設計されており、望ましいビジネス結果をコスト効率良く達成するために必要となる性能と効率性を提供します。

データシートをダウンロード

StorNext データ管理とは?

StorNextの高度なデータ管理ソフトウェアは、プライマリ・ディスク、拡張オンライン・ストレージ、テープ、クラウドの各階層にデータを格納することで、StorNextスケールアウト・ストレージ環境内での複雑なワークフローを効率的に管理します。 StorNextは最も厳しい性能要件を満たしており、数百ペタバイトへのスケーリングを実施できるほか、既存のコラボレーティブな環境との統合が容易に行えます。StorNextは、その高性能のファイル・システムおよびポリシーベースのデータ管理ソフトウェアにより、保護、柔軟性、効率性を結合することで、現在および未来を見据えて設計されたエンタープライズグレードのシステムを実現します。

データへすばやくアクセスできれば、「データを所有」する必要がない。

これは、競争力を維持しつつ厳しいスケジュールを満たすための、非常にクリティカルな要件です。クアンタムのスケールアウト・ストレージが、StorNextデータ管理と結合されることで、非常に高い性能と柔軟な共有アクセスを提供しており、大規模でデータ集約的なワークロードにとって理想的な選択肢となっている理由でもあります。

データの増大は避けられない。

より多くのファイル、よりサイズの大きなファイル、複雑なワークロードは、それらのすべてのデータを洞察やアクションへと変化させることができます。今日、かつてないほどにスケーリングが重要となっています。StorNextは、地理的に分散している複数のチームが巨大なサイズのファイルの大規模なセットを通じてコラボレーションを行えるようにする一方で、大規模環境での性能を最適化します。また、StorNextは、そのポリシーベースの階層化により、お客様のストレージに対する投資を、現在および将来にわたって効率的に最大化できるようなコスト効率の良いオプションを提供します。

ワークフローに適合するよう異なるテクノロジー間でのファイル共有を可能にする。

最も要件の過酷な高性能ワークフローでは、ファイバ・チャネル経由でStorNext SANクライアントを使用します。または、StorNext LANクライアントを使用してユーザーがIP経由でファイルを共有することで、NFSやCIFSよりも処理速度を2倍に引き上げることができます。Linux、Windows、UNIX、Mac OSを実行しているクライアントと共に、StorNextを配備できます。 また、StorNextのポリシーベースの階層化により、お客様は、異なるタイプの複数のストレージを、フラッシュ、スピニング・ディスク、オブジェクト・ストレージを含む単一のネームスペース内に統合できます。これにより高い柔軟性を実現できます。

多くのお客様が、階層化ストレージの価値がその経済性にあることを弊社に伝えています。

StorNextは、ポリシーに基づいて、あるタイプのストレージから別のタイプのストレージへとデータを自動的に移動できるほか、共有グローバル・アクセスを維持できます。また、階層化により、利用頻度の低いデータを、クラス最高のデータ整合性と保護機能を備えた、最もコスト効率の良い「グリーン」 ストレージへと効率的に移動できるようになります。しかし、階層化ストレージの本当の価値は、その透過性です。ファイルが実際には別のタイプのストレージ階層に移動されている場合であっても、ユーザーはそのファイルに対して移動前と同じようにアクセスできます。このため、ユーザーは迷うことなく、各自が必要とするものを見つけることができます。

強力でインテリジェントなStorNext データ管理。

StorNextデータ管理は、15から1,500までの地理的に分散したチームが、運用システムやネットワーク・トポロジーには関係なく、データに対する高速な共有アクセスを通じてコラボレーションを実施できるようにします。また、StorNextは、大規模環境で数十億のファイルを処理できるように設計されています。ポリシーベースの階層化により、異なるタイプのストレージに対してファイルを透過的にアーカイブできるようになるため、ユーザーやアプリケーションに影響を与えることなく、容量のスケーリングを手頃な価格で実現できます。

データ管理の図

StorNext Connect - StorNext環境の詳細と制御

StorNext環境は、複数のユーザーが広範な種類のアプリケーションを通じて可変データの対話的操作を行う動的なワークスペースです。性能とデータへのアクセスを最適化することは、管理者にとっての継続的なタスクです。StorNextは、市場で入手可能な製品のうち、最も手軽なデータ管理プラットフォームですが、システム状態に関する強化されたインサイトや単一画面による管理の容易さは、そのようなワークスペースに、より優れた制御と可視性を提供します。

StorNext Environment
みつける

クライアント、ファイル・システム、ゲートウェイ、メタデータ・コントローラ、ストレージ・アレイ、テープ・ライブラリ、およびネーム・サーバー等のインベントリを作成するためにStorNext環境を検索します。

モニター

ファイル・システムの性能、スループット、遅延に関する過去および将来のトレンドに加えて、現在の統計量を高レベルで提供するほか、個々のコンポーネントへのドリル・ダウンも提供します。

管理

StorNext環境の配備やアップグレードにかかる時間を短縮することで、ワークフローのセットアップや管理を容易にします。

StorNext Connect ビデオ資源

Know How Video

StorNext Connect : なぜ StorNext Connectを使用する必要があるのか?そして、その利点は何でしょうか?

Know How Video

StorNext Connect - デモビデオ

世界で最も困難なデータ管理の問題を解決する

     クアンタムのStorNextを使用すると、空のように限界がありません。以前の約10倍の高解像度の画像を扱うプロジェクトとプロセスが4倍以上に増え、ワークフローは少なくとも2倍の速度になっています。               
David Morgan氏、Aechelon Technology、システム・アーキテクト 事例を見る

StorNextのビルディング・ブロックを見る

  • StorNextの
    高度なデータ管理

    StorNextの
    高度なデータ管理

    すべてのクアンタムのスケールアウト・ストレージの中心には、StorNextの高度なデータ管理が存在しています。StorNextデータ管理は、世界で最も過酷なワークロードを処理できるように設計されており、望ましいビジネス結果をコスト効率良く達成するために必要となる性能と効率性を提供します。

    データ管理
  • プライマリ・ストレージ

    プライマリ・ストレージ

    大規模なデータ集約的なワークロードに対応した高性能の共有ストレージは、業界最速のストリーミング・ファイル・システムであるStorNextを利用しています。

    詳細を見る
    プライマリ・ストレージ
  • 拡張オンライン・
    ストレージ

    拡張オンライン・
    ストレージ

    大規模な拡張が可能な低レイテンシーのLattus™オブジェクト・ストレージは、StorNextのポリシーベースの階層化で比類のないデータ耐久性を実現。

    詳細を見る
    拡張ストレージ
  • テープ・アーカイブ

    テープ・アーカイブ

    可能な限り低いコストでクラス最高の整合性を持つデータを長期保存。StorNextとの統合により、階層型データへの透過的なアクセスを提供。

    詳細を見る
    テープ・アーカイブ
  • FlexTier

    FlexTier

    FlexTier は、クラウド・ストレージへの容易かつ費用対効果のあるオンデマンド・アクセスを提供し、データ・ストレージの柔軟性、保護、および可用性を向上させます。

    詳細を見る
    FlexTier

StorNextエキスパートへのお問い合わせ

ありがとうございます。

お客様のお問い合わせは受け付けられました。

当社の担当チャネル・マネージャーへご連絡いただく方法については追ってご案内申し上げます。緊急の場合には、03-4360-9255にてお問い合わせください。

このようなソリューションを必要としている方詳細情報を
要求する
お問い合わせ