The Scripps Research Institute
StorNextは、研究データの全アーカイブにわたって1つの透明な名前空間を提供するため、研究者たちは、データが物理ディスクまたはテープのいずれかに存在するかに関係なく、すばやくデータにアクセスすることができます。

 

Brant Kelley氏
Scripps Research社、ITサービス部門ディレクター

クアンタム・ストレージで生命科学研究の最先端を行くScripps Research Institute

Scripps Research Instituteの研究者たちは、生命科学の知識を深めるプロジェクトを堅牢なストレージに依存しています。最新の研究を支援するために、ITグループは、成長する研究データの集積を保護、アーカイブ、およびアクセス可能にするスケーラブルな高速ストレージを必要としました。

高速でスケーラブルなHSMと最新のバックアップ・ソリューションのニーズ

研究所のITグループは、研究データの保存とアーカイブにこれまで使用していた階層型ストレージ管理(HSM)環境の刷新を望んでいました。Scripps Research InstituteのITサービスのディレクター、Brant Kelley氏は次のように述べています。「以前のHSMソリューションは堅牢で安定はしていたが処理速度が非常に遅かったため、ユーザーの望むパフォーマンスを提供できる新しい最先端のストレージ・プラットフォームを必要としていました」

新しいソリューションには大量のデータを処理する能力が求められました。「我々は、1PB単位以上のデータをサポートし、共有環境と容易なアクセスを提供するために、そのようなデータを1つの透明な名前空間で表現できるストレージ・プラットフォームを望んでいました」と、Kelley氏は述べています。

研究所のITグループはまた、研究所での一般的な操作だけでなく、デスクトップ・コンピュータやいくつかの実験室ベースのサーバーで使用するデータのバックアップにも使われていたVeritas NetBackupソリューションを刷新する必要がありました。Kelley氏は述べています。「我々は、大量のバックアップデータをサポートできる堅牢で信頼性の高いソリューションを必要としていました」

ペタスケールのアーカイブ用にStorNextマルチ階層型ストレージを採用

HSM環境のために、ITグループは、StorNextデータ管理ソフトウェアを実行するQuantum StorNextマルチ階層型ソリューションを選択しました。Kelley氏は述べています。「StorNextは、研究データの全アーカイブにわたって1つの透明な名前空間を提供するため、研究者たちは、データが物理ディスクまたはテープのいずれかに存在するかに関係なく、すばやくデータにアクセスすることができます。」

個々のワークフローを有効にし、ディザスター・リカバリーを向上させるためにポリシーに基づく階層化を使用

研究所のITグループは、それぞれのグループのグループ単位のデータ移行ポリシーを定義するために、StorNextのポリシーに基づく階層化を使用しています。ポリシーに基づく階層化ではプライマリ・データセンターとローカルのディザスター・リカバリー(DR)サイト間でデータを移動するため、災害時でもデータの可用性とアクセスが確保されます。Kelley氏は述べています。「研究施設が洪水や火災に見舞われても、研究者が自分のデータを失うことはありません」

主要オペレーティング・システムでの異機種環境のアクセスをサポート

研究所のデータを利用するユーザーは数千人にも及ぶため、ITグループは、各種オペレーティング・システムに幅広く対応する必要があります。Kelley氏は述べています。「StorNextは、UNIXとLinuxに加え、WindowsやMac OSもサポートできるため、研究者たちは、作業環境を変更せずにITのリソースを最大限活用することができます」

データへの高速アクセスを提供

Kelley氏によると「研究者たちは高速処理を望んでいる」とのことです。研究所のITチームは10GbEのStorNextゲートウェイ・アプライアンスを使用し、StorNext分散型LANクライアント(DLC)を利用して、ユーザーにマルチ階層環境のデータへ迅速なアクセスを提供しています。

Quantum DXiの重複排除アプライアンスでバックアップを強化

研究所のITグループは、既存のVeritas NetBackupソリューションを刷新するために、Quantum DXi重複排除アプライアンスQuantum Scalar i6000テープ・ライブラリとの組み合わせを選択しました。Kelley氏は述べています。「クアンタムでは、DXiシステム上にひと月分、Scalar テープ・ライブラリにさらに2か月分、合計で3か月のバックアップデータを保存することができます」

データの成長と要件の変更に対応する俊敏性を獲得

クアンタム・ストレージは、Scripps Research InstituteのITチームに新しい技術に対応できる柔軟なプラットフォームを提供します。クアンタムの協力の下、研究所のITグループは、多数の異なるプラットフォームやベンダーのソリューションを必要とせずに、コスト効果の高い方法でインフラを更新し、さまざまな障害を克服できます。Kelley氏は述べています。「我々は、データ保護の課題の対処と、より優れた研究データ用アーカイブの構築をすべて1つのクアンタム・エコシステム内で実現することができました」

使用製品

主な特長

  • 1つの名前空間を持つファイル・システムで研究データへの柔軟なアクセスを提供
  • 大規模ながら費用対効果が高く、将来的な拡張も容易なアーカイブを提供
  • 重複排除やテープによるバックアップで短期および長期のデータ保護が可能
  • 異機種環境でのデータ・アクセスを可能にし、あらゆるオペレーティング・システムを幅広くサポート
  • ポリシーに基づくグループ単位のデータ階層化により、研究ごとに異なるワークフローのニーズに対応

Scripps Research Instituteについて

Scripps Research Instituteは、世界最大の非営利の民間研究機関の1つです。カリフォルニア州ラ・ホーヤとフロリダ州ジュピターの両キャンパスにまたがる同研究所は、生命の最も基本的なプロセスの解明に努める医学研究分野の基盤となる生物医学科学の最前線にあります。