RT
システムをサポートする重要な要素となるのはクアンタムのStorNextテクノロジーです。これは、RTの全ツールをサポートし、グループ間の迅速な共有を可能にし、安定した高速な転送速度を提供し、実績のある信頼性の高いソリューションである統合ストレージ・インフラストラクチャです。なによりも、バックグラウンドで処理が行われるため、制作チームは、ストレージのことは気にかけずに、自分の仕事に集中することができます。
Mikhail Kalanchekaev氏
OKNO-TV、エグゼクティブ・ディレクター

いずれの言語でもStorNextはTVネットワークの成功を支援

StorNextは、ロシアのTVネットワークの多言語による共同制作を支援

首都モスクワを中心に新しい放送や制作の活動を広げているRTは、3つの言語に分かれたチャンネル間で共同制作を行うには、おそらく最先端の高速ストレージ管理ソリューションが必要になることを知っていました。その答えとなったのは、クアンタムのStorNext®エンドツーエンドのコンテンツ・ワークフロー管理ソフトウェアとストレージ・アプライアンスでした。その結果、新しいデータと共有ワークフローへの迅速なアクセスが可能になりました。

スタジオのアップグレードがもたらす複雑化

国際的なTVニュースネットワークRTは28,000平方メートルの敷地を持つ新しいオペレーション・センターに移転しました。このセンターは、24時間休みなく活動する世界各地のテレビ局、ビデオ制作設備、急増する新しいメディアの放送プログラムをサポートできるように設計された施設です。このセンターの課題として、映像の取り込みとアーカイブを共有できるようにすることで、3つの制作現場に分かれて個別に英語、スペイン語、アラビア語の3か国語番組を制作している映像専門スタッフの共同制作をサポートする必要がありました。

RTは、このニーズをサポートし、将来の成長に対処するシステムを推奨してくれるパートナーとして、放送専門のインテグレーターであるOKNO-TVを選びました。オペレーション・システムは6つのスタジオ用に設計された大規模なもので、最大8つの高精細映像の同時発信が可能でした。現在、このシステムでは、40,000時間以上の放送プログラムと、約1ペタバイトに達するデジタル・コンテンツを管理しています。

この大規模なシステムの最も困難な要件の1つは、RT内のすべてのツールをサポートし、3つの言語に分かれた番組制作に協調的なワークフローを提供できるワークフロー・ソリューションを見つけ出すことでした。複数のベンダーの製品も候補に入れて検討した結果、OKNO-TVとRTはクアンタムのStorNextを選択しました。OKNO-TVのMikhail Kalanchekaev氏は次のように説明します。「システムをサポートする重要な要素となるのはクアンタムのStorNextテクノロジーです。これは、RTの全ツールをサポートし、グループ間の迅速な共有を可能にし、安定した高速な転送速度を提供し、実績のある信頼性の高いソリューションである統合ストレージ・インフラストラクチャです。なによりも、バックグラウンドで処理が行われるため、制作チームは、それを可能にしているストレージのことは気にかけずに、自分の仕事に集中することができます」

メリット:リポジトリの一元化、データ移動の自動化

新しいシステムでは、まず24台のサーバーによってすべてのコンテンツが中央のストレージ・プールに取り込まれます。3言語のうちいずれかの現場で素材映像が必要とされると、中央ストレージから自動的にそれを必要とするスタジオの制作現場に転送されます。

放送用プログラムが完成すると、StorNextは自動的にアーカイブ用の中央プールにデータを移動します。共通リソースのメタデータとプロキシは各言語のスタジオ間で共有されており、他の言語の番組制作でも簡単にアーカイブを検索し、コンテンツをダウンロードできるようになっています。

このStorNextファイル・システムの大きなメリットは、ファイバー回線を使って高速で映像の取り込み、転送、トランスコーディングを行なえることです。メタデータの転送やノンリニア編集作業といった高速処理を必要としないタスクには、イーサネット経由でコストがかからないStorNext LANクライアントが使用されています。

RTのBroadcast IT SupportのチームリーダーであるAlexander Ozersky氏は次のように述べています。「StorNextは、必要な場合はいつでも可能な限り最高のパフォーマンスを提供してくれるし、帯域幅をあまり必要としない処理には低コストの回線を使用してくれるので、使用するインターフェイスはこれだけで済みます。他のベンダー製品も幅広くサポートしているので、映像素材の編集や保存がスムースに行えるだけでなく、将来、コストを制御するためにベンダーを変更することも容易です。」

使用製品

  • Quantum StorNextメタデータ・アプライアンス
  • Quantum StorNext G300ゲートウェイ・アプライアンス
  • ノンリニア編集:Adobe Premiere ProとApple Final Cut
  • Dalet Digital:Dalet Enterprise EditionのNRCS、MAMマスター・コントロール・スイッチャ、SDIインジェスト、ファイル取り込み、トランスコーディング、アーカイブ管理、Brioサーバー
  • 日立(HDS):仮想ストレージ・プラットフォーム
  • Miranda:Imagestore 750マスター制御プロセッサ
  • Vizrt:Viz Content Pilot、Viz Engines、Viz Curious Maps、Viz Worldグラフィックの準備と再生
  • Telestream:パイプラインのビデオ・レコーダー

主な特長

  • 3つのスタジオに分かれた番組制作で映像取り込み/アーカイブ・スペースを共有
  • 各種ツールのサポートにより柔軟性を最大限確保
  • 新しいデータへの迅速なアクセスと既存の映像素材へ共有アクセスを提供
  • パフォーマンスの全体的な向上で高精細映像による制作が可能
  • アプライアンスベースのアプローチによる迅速かつ簡単な導入
  • 共有の自動化でオーバーヘッドとエラー数を削減

RTについて

RT(旧Russia Today)のTVネットワークは、現在、英語、スペイン語、アラビア語の各言語で放送されている3つのグローバル・ニュース・チャンネル、ワシントンD.C.のスタジオから配信されているRT Americaニュース・チャンネル、そしてドキュメンタリー・チャンネルのRTDocで構成されています。ワシントン、ニューヨーク、ロンドン、ベルリン、ガザ、カイロ、バグダッドなどの主要都市を拠点として19の国と地域に22の事業所を構え、RTの視聴者は世界100か国以上の国で6億3000万人を超えています。

OKNO-TVについて

国際的に知られているOKNO-TVは、世界中の放送局、コンテンツ所有者、メディア・サービス・プロバイダーとパートナーシップを結ぶ大手システム・インテグレーターです。業界の専門家を集めた多国籍チームを中核とし、OKNO-TV独自の先進的なアプローチでテレビ・システムとワークフローの設計を行っています。