Renaissance Computing Institute (RENCI)
StorNextが提供する単一のマルチ階層型プラットフォームを使うことで、管理が簡単になったほか、研究者に彼らが必要とするリソースを即座に提供することを保証できるようになりました。

 

Erik Scott氏
RENCI、シニア・リサーチソフトウェア・デベロッパー

RENCI、ゲノム解読や沿岸モデリングのためにStorNextマルチ階層型ストレージを選択

Renaissance Computing Institute(RENCI)は、生物、地質、データ・サイエンスなどの分野における最先端の調査をサポートしています。RENCIでは、同研究所の高性能コンピューティング(HPC)クラスタを実現し、大量の過去の科学的データを将来何年にもわたってアーカイブできるような新しいストレージ・ソリューションを必要としていました。

大量のゲノム・データや沿岸モデリング・データのアーカイブ

ノースカロライナ大学(UNC)チャペル・ヒル校を本拠地とするRENCIは、さまざまな分野における画期的な研究をサポートしています。同研究所では、UNC、ノースカロライナ州立大学、デューク大学出身の科学者が、病気の遺伝子的原因の調査、詳細な高潮モデルの作成、政府機関や各種産業向けのビッグ・データ利用の促進などを行っています。

RENCIでは、研究プロジェクト用に十分なストレージを提供することが必須です。RENCIの上級情報科学研究者であるクリス・バイゾン(Chris Bizon)氏は次のように話しています。「ゲノム解読では1人あたり100GB以上のデータが生成されます。我々は、最終的な結果データを保存する以外に、ゲノム解読中に生成された一時データも保存します。何らかの不具合が起きた場合に、研究者はこの一時データを再利用することで、最初からゲノム解読をやり直す必要がなくなります」。

また、RENCIのITグループは、科学的データを研究者にとって長期間利用可能な状態に維持する必要があります。バイゾン氏は次のように話しています。「ゲノム・データの収集には高いコストと時間がかかります。我々は、研究者が将来新しい分析を実施できるように、それらのデータを確実に保存しておきたいのです」。

StorNextを使用してHPCのためのマルチ階層型環境を作成

数年前、RENCIのITグループは、ワークフローを合理化し、特定のプロジェクトにおける障害を取り除くために、StorNextデータ管理ソフトウェアを使用したマルチ階層型ストレージ環境を導入しました。現在、同研究所のStorNextによるマルチ階層型ストレージ環境には、StorNextメタデータ・アプライアンスStorNextゲートウェイ・アプライアンスクアンタムScalar i6000テープ・ライブラリが含まれているほか、クアンタム以外のベンダーのディスク・ストレージも含まれています。

「StorNextが提供する単一のマルチ階層型プラットフォームを使うことで、管理が簡単になったほか、研究者に彼らが必要とするリソースを即座に提供することを保証できるようになりました」とRENCIのITマネージャであるMarcin Sliwowski氏は話しています。

テープ・ライブラリは、大量の科学的データをアーカイブするためのコスト効率の良い手段を提供します。「ハードウェアにかかるコストを抑えるだけでなく、我々は、電力、冷却、不動産にかかる費用も削減できています」とSliwowski氏は話しています。

研究データへの簡単なアクセスを提供することで共同での科学研究を実現

StorNextデータ管理ソフトウェアは、マルチ階層型環境全体に対して単一の透過的なネームスペースを提供するため、研究者は各自が必要とするデータに簡単にアクセスできます。「StorNextの導入により、我々はすべての研究データに対するアクセスを提供することで、データをオフサイト環境に移動することなしに、科学者が情報を即座に分析できるようになりました」とBizon氏は話しています。

研究データの継続的な増加に対応するためにスケーリングが可能

RENCIにおけるStorNextテープ・アーカイブは、現時点で容量が約3PBであるため、研究者がゲノム・データや地学データを将来数年間にわたって保存するために十分な余地があります。「StorNextアーカイブは非常に大きなサイズへとスケーリングが可能なため、研究者は自分がどのくらいの量を保存しているかを気にする必要がありません」とRENCIの上級リサーチ・ソフトウェア開発者であるErik Scott氏は話しています。

StorNext上で構築された専用スクラッチ・ディスクによりHPCの速度を改善

数年前、RENCIのITグループは、同研究所のHPCクラスタ用の新しいスクラッチ・ディスク環境をサポートするために、StorNextの利用を拡張しました。研究者は、専用のスクラッチ・スペースの導入によりもたらされた性能の改善に気付きました。「以前のスクラッチ・ストレージ・ソリューションは、複数のユーザーが同時にデータのストリーミングを行うと、ラップトップクラスの性能まで速度が低下していました。StorNextを導入することで、この問題を解消できました。今では、複数のユーザーが性能の問題を気にすることなく、同じデータを使用したコラボレーションを行っています」とScott氏は話しています。

使用製品

主な特長

  • マルチ階層型ストレージ・システムを通じて数百テラバイトものデータを管理
  • 大規模でスケーラブルなテープ・アーカイブを提供することで、貴重なデータの長期保存を実現
  • 単一のストレージ・ファイル・システムを通じて、すべてのデータに対して簡単で信頼できるアクセスを提供
  • 専用のスクラッチ・データ・スペースを使用して高速なマルチユーザーによるHPCデータ・アクセスを実現

RENCIについて

Renaissance Computing Institute(RENCI)では、調査研究や実用的なイノベーションを可能にするために高度なテクノロジーの開発と配備を行っています。RENCIは、研究機関、政府機関、民間企業と提携することで、ノースカロライナ州、合衆国、世界に影響する問題の解決に取り組んでいます。