NAVSEA
StorNextのおかげでアクセス・レベルが向上するにつれて、データを観察して利用するさまざまな方法を発見しつつあります。共有データ・ストレージのニーズがある限り、StorNextがアクセス性能と信頼性によって提供する能力を超える製品はありません。
Bryan Bennett氏
NSWCCDコンピュータ科学者

静かに、深く潜航し、StorNextを実行する

海軍はStorNextで1,000倍のデータ増に対応

U.S. Naval Surface Warfare CenterのCarderock Division(NSWCCD)が水中センサー・アレイをアップグレードしたとき、データの1,000倍増に対応できるストレージ・システムが必要でした。NSWCCDはクアンタムのStorNextデータ管理ソフトウェアを使用し続けました。その結果、パフォーマンスを大幅に向上させるスケーラブルで信頼性の高いソリューションを実現できました。

信頼性と容量が重要

米国海軍の多くの研究の中で、NSWCCDはアラスカのラボからの2つの高度な水中センサー・アレイを管理しています。これらのアレイは海上および潜水艦が静止しているときの両方の潜水艦の音響学的特性を収集します。この情報は脆弱性の評価と静音化手段の開発に使用されています。

NSWCCDがそれぞれ数百台の水中マイクを備えた新しいセンサー・アレイを導入したとき、データ収集が1,000倍増加し、1回の試験当たりのデータファイル数は平均550,000、データ量は最大3TBになりました。それらのデータをすべて正確に取り込み、試験が行われる3~20分の間保存する必要がありました。データ品質に問題が見つかれば、試験を再実行できますが、潜水艦を回収したり、潜水艦の出航を遅らせれば相当な追加コストが発生します。

2005年に導入されたSANはクアンタムの初期バージョンのStorNextファイル・システムを利用しており、当初は組織のニーズを満たしていました。データ量が増えるにつれて、NSWCCDのコンピュータ科学者であるBryan Bennett氏は高速で高可用性のストレージ・システムを探しました。最適な選択はStorNextをアップグレードすることだということがすぐにわかりました。

メリット: より多くのデータを迅速に処理する機能

現在では、NSWCCDは3つのStorNextファイル・システムで構成される、アーキテクチャを一新したストレージ・システムの導入により、以前よりも多くのデータを処理できるようになりました。StorNextの高速のファイル共有とSANのスケーラブルな性能により、センサーによって生成される豊富で詳細な情報を分析できます。

1番目のファイル・システムが高速のデータ取り込みに重点を置くことにより、2番目のファイル・システムはデータの統合と分析を提供します。従来のシステムアーキテクチャでは、あらゆるデータが1つのパーティションに書き込まれるため、ファイル・システムがいっぱいになるにつれて、このパーティションの速度と信頼性が低下しました。最後に、処理済みのデータだけが3番目のファイル・システムに格納されるため、未加工のデータは将来の分析のために変更されないまま2番目のファイル・システムに残ります。この設定のメリットは、NSWCCDの過去最大規模の試験を実施した際にシステムが完璧に動作したことで明らかになりました。

「通常1日に取り込むよりも50%も多くのデータを取り込めることに気付いたときには驚きました」とBennett氏は述べています。「データの取り込み速度の高速化と堅牢なデータ管理システムの組み合わせによって、試験をより迅速に実施して、船舶をタイムリーに海に戻すことができるようになりました。StorNextによる性能向上は幹部に本当に強く印象付けられました」

使用製品

主な特長

  • 高度なセンサーにより生成されるデータの取り込みが1,000倍増加
  • データの共有と解析が50%増加
  • ハードウェアの障害発生時にデータ記録の遅延を回避
  • スピードと信頼性を高めて、潜水艦の現場での運用コストを削減

NSWCCDについて

3,200名の科学者、エンジニア、サポートスタッフを擁するNaval Surface Warfare CenterのCarderock Divisionでは、潜水艦と水上艦の性能を向上させるために研究施設とラボを管理しています。