NASAケネディ宇宙センター
StorNextは、すべてのユーザーによるデータへの高速アクセス、コンテンツの検索や取り出しの容易化、管理にかかる時間の短縮を目的として設計されています。StorNextは、どの分野に関しても大きなメリットを提供します

 

Jeff Wolfe氏
Communications System Engineer, Abacus Technology社、コミュニケーション・システム・エンジニア

NASAケネディ宇宙センターのStorNextには限度がない

NASAのケネディ宇宙センターのロケット打ち上げ環境よりも過酷な要件を持つ画像処理環境はそれほど多くありません。画像処理データ(最大1,000フレーム/秒の速度で撮影されるビデオを含む)は、現在ではミッションごとに約200TBのサイズになりますが、このようなデータを可能な限り迅速に複数のNASAセンターで利用可能にする必要があります。

性能、アクセス、容量のアップグレード

NASAのオリジナルの画像処理システムは、テープや写真用フィルムからスタートしましたが、これらはデジタル化技術の発展によりあっという間に時代遅れになってしまいました。

「NASAチームが高解像度のスローモーション映像を解析できるように、フィルムを処理してファイルとして利用可能にするには2日間の時間が必要でした。我々がケネディ宇宙センターで使用していた資産管理システムは、実際にはビデオや画像データ向けではなく文書向けのシステムであったため、プロセス全体を処理できませんでした。これは、画像データへのアクセスが遅くなったことを意味します」と画像処理サービスを提供するためにNASAが契約している業者であるAbacus Technology社で通信システム・エンジニアを務めているJeff Wolfe氏は話しています。

静止画像とビデオ・ファイルは複数の目的に使用されます。科学者はこれらを使用して、機器、システム、手順の有効性を評価します。セキュリティ部門は、これらを監視手順の一部として使用します。また、広報部門では、これらを使用して同航空宇宙局のミッションを公衆に伝え、画像を一般市民向けに提供します。

「我々が収集したビデオ映像は掛け替えのない資産であり、大切に保護および保持する必要があるほか、さまざまな場所にいる広範な種類のユーザーにとって利用可能にする必要があります。このため、管理タスクが特に困難なものとなります」とWolfe氏は話しています。

NASAは、その新しいシステムに関していくつかの重要な課題を抱えていました。それらの課題とは、ロケット発射から24時間以内にデータをダウンロードできるようにすること、そして統合された資産管理の基盤を提供することでした。また、将来のニーズをサポートするためのスケーリングを実施できること、ファイルの複数のコピーを保存およびアーカイブすること、すべてのユーザーがコンテンツにアクセスできるようにすることも必要でした。さらに、他のオフィスで使用されているシステムとの互換性を確保し、全体的な価値を提供し、インストール前に徹底的なテストを行うことも必要でした。

StorNext Pro、IPV、Telestreamの組み合わせによりワークフローを自動化

本プロジェクトの重要なパートナーとなったのは、ベテランのワークフロー・インテグレーターであるStorExcelであり、同社はNASAソリューションの設計者兼サプライヤーを務めました。

RFPを勝ち取ったソリューションでは、クアンタムのStorNext 5をストレージ基盤として、IPVのCuratorをメディア資産マネージャーとして使用するものでした。StorNext Pro Studioは、エンドツーエンドのワークフロー・ソリューションを提供する製品であり、これにはStorNext Qシリーズの高性能ディスクとLTOベースのStorNext AEL500アーカイブが含まれています。IPVのCuratorは、資産管理を提供しプロダクションを調節するものです。

新しいソリューションを導入した結果、カメラはロケットの発射をデジタルに記録し、ダウンロードしたコンテンツをStorNext QXS-1200ディスクに保存できるようになりました。データの取り込み時に、メタデータがIPVメディア資産マネージャーにロギングされ、アーカイブ内に2つのコピーが生成されます。ディスク・コピーは、ファイルがアクティブである間はユーザーによりアクセスされますが、コンテンツが古くなった時点でディスクから削除され、それ以降はアーカイブ内で利用可能な状態に維持されます。ファイルとメタデータは、それらがディスク上にあるかアーカイブ内にあるかには関わらず、IPVを通じて、すべてのコンテンツに関して可視的となります。また、セキュリティを強化するために、1つのテープ・コピーがオフサイト環境に保持されます。

「StorNextを使うことで、ビデオ・ファイルを高速でシステム内に取り込めるようになりました。データの安全性を保障するために、あらゆるものが即座に保護されるほか、単一のIPV管理インターフェースを通じて、すべての資産が即座に利用可能となります。StorNextは、すべてのユーザーによるデータへの高速アクセス、コンテンツの検索や取り出しの容易化、管理にかかる時間の短縮を目的として設計されています。StorNextは、どの分野に関しても大きなメリットを提供します」とWolfe氏は話しています。

プレステージングによりロールアウトを容易化

効率的なロールアウトを成功させるためのカギは、システムのプレステージングでした。「クアンタムは我々が実際にインストールするものとまったく同じシステムをセットアップし構成できるようにコロラド州イングルウッドにあるスペースを提供してくれました。これにより、我々はケネディ宇宙センターでのいかなる運用も中断することなく、工場出荷試験を実施できました。これは我々にとって本当に役立ちました。また、システム自体から良好なテスト・データを取得できたことが、我々のサイトで性能の違いが検出された際に、解決すべき問題を特定するのに役立ちました」とウルフ氏は話しています。

使用製品

主な特長

  • 完全なデジタル・ワークフローによりファイルへの高速アクセスをユーザーに提供し遅延を解消
  • IPVメディア資産管理インターフェイスを通じて、ファイルの検索、取り出し、共有をワークフローへと統合することで、コンテンツへのアクセスの容易化と高速化を実現
  • 複数のストレージ階層上での自動化された保護によりNASAが保有する掛け替えのない資産の安全性と利用可能性を保証
  • 統合されたアーカイブにより、大容量で経済的なLTOメディア上に格納されているコンテンツへのユーザー・アクセスを実現
  • StorNextは他のシステム(Xsanなど)との互換性を提供するため、広報業務エディターとの資産共有を容易にサポート
  • スケーラビリティとクラウドやオブジェクト・ストレージのサポートにより、将来の成長をサポートするためのオプションを提供
  • システムのプレステージングにより受け入れテストを簡略化しインストールを合理化

NASAについて

米国航空宇宙局(NASA)は1958年に創立された機関であり、航空および宇宙探索に関連する科学の世界を主導しており、人類の利益のために新たな高みへと到達し未知の事象を明らかにするという使命に従って活動しています。NASAは、ミッション局(mission directorate)と呼ばれる4つの主要組織に分けて仕事を行っています。航空局では、より環境にやさしい方法で航空機動に関するグローバルな要求を満たすための研究を行っているほか、外部の航空機メーカーが生み出した革新的な技術を採用しています。有人探査および運営局では、国際宇宙ステーション(ISS)の運用、商業宇宙飛行機能の開発、低地球軌道を超えた有人探査を中心とする研究を管理しています。科学局では、地球、太陽系、それらを超えた全宇宙の探索、発見の最適ルートのチャート化、地球および宇宙探査がもたらす利益の社会への還元などを目的として活動しています。宇宙技術局では、NASAの将来のミッションを可能にしつつ、国民に経済的なメリットを提供するなど革新的で見返りの大きいテクノロジーの迅速な開発、イノベーション、実証、活性化を行っています。

StorExcelについて

StorExcelは、公共および民間部門マーケットにおけるスケールアウト型のストレージ環境のニーズを満たす次世代のコンテンツ管理およびワークフロー自動化ソリューションを提供しているリセラー兼システム・インテグレーターです。同社では、クライアントの運用コストを削減すると同時に、ビジネス情報やミッションクリティカル情報を使用してイノベーションを加速するためにクライアントを支援することに注力しています。StorExcelは、将来の拡張性とスケーラビリティをクライアントに提供することで現在の運用を補完するために、コストに関して最適化された戦略、ソリューション、サービスを提供します。