MTI Film
我々は、クアンタムのQXS SSDストレージを導入しました。このストレージは、8台のリアルタイム4Kストリームをサポートできる性能があり、これは現在のリアルタイム4Kをサポートするストレージの中で最も効率的なシステムです
- Larry Chernoff氏、
MTI Film, CEO

Quantum StorNext 5と拡張オンライン・ワークフロー・ストレージは、一流のハリウッドのポスト・プロダクション施設で4K映像に100%対応

デイリーとポスト・プロダクション編集の管理からトランスコーディングおよび最終コンテンツ配信までのサービスを提供するMTI Filmには、作業ミスや処理速度の低下、機器の故障を猶予する時間はありません。

MTI FilmのCTO、John Stevens氏は次のように述べています。「エピソードTVドラマのポスト・プロダクションやデイリー・サービスは、異常なワークフローとストレージの課題をもたらします。膨大な量のデータがシステムに流れ込みます。典型的なプロジェクトで、1日当たり6〜8TBのデータが生成され、通常、一度に半ダース以上のシリーズが処理されます。私たちの課題は、プロデューサーがそのコンテンツのすべてをすばやく表示でき、必要に応じてポスト・プロダクション・チームがアクセスできる場所にコンテンツを格納することです。スピードが重要です。だからこそ、ファイルへ共有アクセスしています。つまり、生の容量です。そして、すべての問題は、プロジェクトの量が増えるにつれ、フル解像度の4K化に向かうにつれ、さまざまなフォーマットやプラットフォームをサポートするにつれ、ますます複雑になってきています」

共同ワークフロー・プラットフォームは、オンライン・ストレージを拡張する必要がある

2009年にデジタル・ポスト・プロダクション・サービスを開始して以来、MTI Filmは、共有ワークフローにクアンタムのStorNextプラットフォームを使用しています。同社の既存のストレージ・システムは限界に達し、特にペタバイトを超える信頼性の高いRAIDボリュームを維持することが困難なことから、RAIDを絶えず追加することはもはや実用的ではないことが次第に明らかになりました。MTI Filmが本当に必要としていたのは、RAIDの制限を受けることなく数百ペタバイトに容量を拡張でき、共有化が容易な格納コンテンツへ迅速にアクセス可能なストレージでした。競合他社の製品も検討した後、MTI Filmは、オブジェクト・ストレージ技術に基づくQuantum Lattus Extended Onlineを導入することにしました。

オブジェクト・ストレージの基礎

Lattus Extended Onlineは、RAIDよりもはるかに優れた、実績のあるオブジェクト・ストレージ・アプローチを使用しています。100TBから数百ペタバイトまで容量を拡張し、自己修復技術を使用し、複数のシステムやサイト間でデータを分散させることで、装置の故障やサイトの損失からデータを保護します。この分散化により、RAIDよりもはるかに高い信頼性を実現し、テープやパブリッククラウドよりも高速にコンテンツにアクセスすることができます。そして、Lattusの容量は迅速かつシームレスに拡張できます。

MTI Filmでは、StorNext Storage ManagerによってLattus Extended Onlineストレージをワークフローに統合し、チームが設定したポリシーに基づいて、コンテンツを自動的にオンライン・ストレージからオブジェクト・ストレージに移動させています。

容量増加と収益増大の可能性

Steven氏は次のように説明します。「Lattusオブジェクト・ストレージでオンライン・ストレージを拡張し、StorNext Storage Managerを使用してそれを管理することは、私たちにとっては完璧に理にかなっていました。巨大なストレージ容量を現在のSANから切り離しても、標準化されたStorNextファイル・システムのインターフェースにより、1秒あたり350 MB~370 MBという非常に高速なファイル・アクセスを維持できます。最も優れた点は、個々のジョブのために迅速かつ簡単に容量を追加できること、そしてプロジェクトに直接コストを結び付けることができることです。これは、極めて高速なアクセスが可能な点を除いて、独自のプライベート・クラウドを持っているようなものです」

LattusはMTIのオンライン・ストレージの拡張であるため、MTIでは、StorNext APIと管理技術のすべてを使用して、保存されたファイルへの直接アクセスを提供するなど、顧客のために追加のサービスを開発することができます。

StorNext5 — 次世代のワークフロー・ストレージ・プラットフォームへのアップグレード

プロジェクトの一環として、MTI Filmは、デュアル冗長構成のStorNextメタデータ・アプライアンスを使用した次世代のStorNext 5プラットフォームにアップグレードを行いました。StorNext 5は、ボリュームあたり最大50億個のファイルをアーカイブすることができ、パフォーマンスが10倍の向上し、大規模ボリュームの安定性を高めます。

Stevens氏は次のように述べています。「StorNext 5へのアップグレードにより、パフォーマンスは大幅に向上し、特にディレクトリ・ツリーの下の階層へすばやく移動することが可能です。全データ・セットを同じ速度で参照できるようになりました。アップグレードの移行を週末に行った後、次の月曜日の朝にはチームは何も変更する必要がありませんでした。チームにとってすべてのアプリケーションが透明でした。」

オンライン・ストレージのアップグレード

MTIのチームは、他のワークフロー・ステージを強化するために、別のクアンタム・ソリューションを選択しました。SSDベースのフラッシュを搭載したQXSストレージは、フル解像度の4Kワークフローのパフォーマンスを提供します。クアンタム側からも、日々の制作作業のために、最高のコスト・パフォーマンスと信頼性を備えたRAID用のNetApp Eシリーズ・ストレージが提供されました。StorNext 5とStorNext Storage Managerの組み合わせにより、制作パイプラインの全段階でコンテンツがシームレスに流れることが保証されます。

Integrated Media Technologies(IMT)のセールス担当副社長Jason Kranitz氏は次のように述べています。「Quantum StorNextとストレージ管理の段階的手法によるM&Eのワークフローでの作業は数年間続いています。私たちは、StorNext 5、複数層のディスク、およびLattusオブジェクト・ストレージなど、クアンタム製品の完全なポートフォリオのMTI Filmへの導入のために、設計および統合に参加できたことを誇りに思っています」

主な特長

  • 大規模な拡張オンライン・オブジェクト・ストレージは、スケーラブルな容量とシームレスな運用を提供し、セキュリティ保護されたコンテンツ・ストレージとしてRAIDよりも信頼性が高く、高解像度ワークフローに使用される膨大なコンテンツへの高速アクセスが可能です。
  • 高性能な共有された共同ワークスペース環境で、すべてのユーザーがさまざまな解像度のあらゆるコンテンツへ迅速にアクセスすることができます。遅延や待機時間はありません。
  • 高性能オンライン・ディスクと拡張オンライン・オブジェクト・ストレージ間で資産とコンテンツが自動的に移行されるため、ワークフローが効率化し、制作チームはワークフローのあらゆる段階で(保存されているかどうかに関わらず)すべてのコンテンツへ直接アクセスすることができます。
  • 容量を迅速にプロビジョニングできるため、特定のジョブのためにシステムをすばやく拡張し、ストレージ容量のコストをプロジェクトに結び付けることができます。
  • マルチプラットフォームとマルチプロトコルをサポートするため、ファイバ・チャネルおよびIPネットワーク上でWindows、Linux、およびMacワークステーションを使用できる柔軟性を提供し、環境の最大の柔軟性を実現します。
  • StorNextオープン・システム技術と大規模なパートナー・エコシステムにより、ワークフローのニーズの変化に対応するために、簡単に統合できるクラス最高のソフトウェア・ツールと開発企業を選択することができます。

MTI Filmについて

MTI Filmは、1997年以降、フィルムのデジタル修復とデジタル・デイリーズ管理の技術を中心とした、数々の受賞に輝くソフトウェア・アプリケーションとサービスをポスト・プロダクション業界に提供してきました。MTI Filmは、CORTEXソフトウェアなど、効率的で使いやすい高機能なアプリケーションを提供し、標準的なあらゆるメディア・フォーマットをコピー、カラーリング、同期、およびトランスコードするツール含む、完全なデイリー・ワークフローのための次世代ソリューションを提供しています。MTI Filmの社内サービス部門は、実際的なリアルタイム開発の専門知識のメリットを提供するために、顧客との強い絆を育みます。同社のクライアントのプロジェクトの長いリストには、『ウォーキング・デッド』、『Major Crimes ~重大犯罪課』、『クローザー』、『リゾーリ&アイルズ ヒロインたちの捜査線』、『Longmire』などのTVドラマが含まれています。

IMTについて

Integrated Media Technologies(IMT)社は、ロサンゼルス、シリコンバレー、ダラスに拠点を置き、ビジネス・コンサルティングとプライベート、ハイブリッド、およびパブリック・クラウドのワークフロー・ソリューションのためのTCOモデルの提供を専門とする、コンサルティング、設計、およびシステム・インテグレーション企業です。顧客は、メディア技術、ストレージ、アセット管理、高性能コンピューティング、ネットワーキング、および24時間365日のサポートに焦点を当てたミッションクリティカルなソリューションとサービスを提供するIMTに信頼を寄せています。