EMIS Electrics
このソリューションは、EMIS、クアンタム、SEPの3社間でのトリプル・ウィンのソリューションとなります。我々はSEP sesamとクアンタムのテクノロジーを使用することでメリットを得ますが、一方、SEPとクアンタムの2つのシステムは組み合わせて使用されることでメリットを得ます。これは完璧なソリューションです

 

Karsten Hollop氏
EMIS Electrics、IT責任者

クアンタムとSEP sesam、EMIS Electrics社のバックアップストレージ用のバックボーンを共同提供

EMIS Electricsは、20年前に従業員数27名の小規模なイノベーティブ企業として出発し、今では8か所に460名以上の従業員を抱える国際企業となっています。EMISでは、複数のロケーション間でのデータの分散という課題に直面しており、合理化されたバックアップ・システムなしには同社の成功はあり得ないと認識していました。

適切な重複排除アプライアンスの選択

同社のLinuxベースおよびNovellベースのサーバー環境と大幅に仮想化されたインフラストラクチャで動作する重複排除アプライアンスを見つけることは簡単ではありませんでした。「我々はさまざまなベンダーのソリューションを数多く試しましたが、我々が求めているレベルの重複排除と圧縮の性能を提供するソリューションは1つもありませんでした。我々は当時、もはや90日間の最小保持期間を維持できなくなっており、非常に追い詰められた状態でした」とEMIS ElectricsのIT部門責任者であるKarsten Hollop氏は話しています。

クアンタムの無償トライアル版を使用して購入前にテストを実施

システム・インテグレータのBechtle社がクアンタムのDXi V1000(リモートオフィス向けに設計された仮想重複排除アプライアンス)の無償トライアル版の試用を勧めてくれた時に、EMIS Electricsに転機が訪れました。

DXi V1000はVM上で重複排除を提供し、バックアップ・コピーをローカルに保持しますが、それらのコピーをクラウドに保存することもできれば、2台目のDXiアプライアンスに対してレプリケートすることもできます。Hollop氏は、トライアル版のDXi V1000をESXサーバー上にインストールし、それをネットワーク・ファイル・システム(NFS)経由でバックアップ・サーバーに接続しました。

「その当時、我々の状況は壊滅的でした。我々にはこれ以上バックアップを保持する手段がありませんでした。DXiのトライアル版は試す価値がありました。我々の以前のソリューションでは可変ブロック長を処理できなかったため、重複排除をまったく行えていませんでした。DXiを使用することで、我々はバックアップ戦略を一切変更することなく、最大で9対1の削減率をすぐに達成できました」とHollop氏は話しています。

DXi V1000で成功を収めた後、Hollop氏はクアンタムの試用版プログラムを利用して、物理DXiアプライアンスをテストしました。このトライアルが成功した後、EMISはDXiを恒久的に導入したほか、長期的なディザスター・リカバリー(DR)保護を提供するためにクアンタムのScalar i40テープ・ライブラリを購入しました。

DXiを使用したバックアップの簡略化

新しいシステムでは、EMISが保有するSEP sesamバックアップ・ソフトウェアが、DXiおよびテープ・ライブラリに対するフル・バックアップを毎週実施し、増分バックアップを毎営業日にDXiへと送信します。フル・バックアップを行う場合、Novellバックアップ・サーバーは、データが含められるように、Linuxのrsyncコマンドを使用して各自のリポジトリをリューベナウ(Lübbenau)にあるデータセンターへと送信します。初期段階では、EMISはバックアップを90日間保持しますが、将来的には、テープをオフサイトに移動することで、より長期間の保持を可能にする予定です。

「DXiを使用しない場合、我々はバックアップ・ボリュームを保存するために41.36TBが必要となるはずでした。現在、我々は5.2TBのディスク・スペースしか使用していません。これは非常に大きな違いです。また、重複排除アプライアンスの統合により、バックアップ間隔を30%短縮でき、コストを大幅に削減できました」とHollop氏は話しています。

SEP sesamとクアンタムDXiの組み合わせにより多くのメリットを提供

「クアンタムのアプライアンスは当社の環境にとって最適です。バックアップ・サーバーへのアクセスにNFSを使用し続け、チャネル・ボンディングが原因で実効帯域幅が20Gbpsへと増加すると、帯域幅が4GbpsのLAN環境では問題が発生する可能性があります。DXiアプライアンスが提供する、他のメーカーの製品にはない重要なメリットとして、可変長のブロック重複排除が挙げられます。本ソリューションは、2社間でのウィン-ウィンのソリューションではなく、EMIS、クアンタム、SEPの3社間でのトリプル・ウィンのソリューションとなります。我々はSEP sesamとクアンタムのテクノロジーを使用することでメリットを得ますが、一方、SEPとクアンタムの2つのシステムは組み合わせて使用されることでメリットを得ます。これは完璧なソリューションです」とHollop氏は話しています。

使用製品

主な特長

  • 可変長方式の重複排除を通じてデータ削減率を改善
  • バックアップ間隔を30%短縮
  • ストレージ、物理スペース、電力にかかる費用を削減
  • オフサイト・ストレージを含む効果的なデータ保持を低い管理オーバーヘッドで提供
  • 追加レベルのセキュリティを提供するために、あらゆるロケーションを通じてバックアップデータの冗長的な保持を実現

EMIS ELECTRICSみついて

EMIS Electrics GmbHは、過去20年間にわたり成長を続けている中規模のサービス・プロバイダです。同社は1991年にフェッチャウ/リューベナウ(Vetschau/Lübbenau)発電所のスピンオフとして設立され、設立当時の従業員数は27名であり、柱となる業務分野は発電所サービスおよび施設エンジニアリングの2つでした。同社の歴史における次の節目は、1995年のシュヴァルツェ・プンペ(Schwarze Pumpe)発電所向けの大規模プロジェクトへの参加でした。このプロジェクトの結果として最終的に、2005年にはヴァルトキルヒ(Waldkirch)やハンブルクなど地域発電所の近辺に、その他の新しいサイトが設立されました。また、1997年にEMISは国際市場に参入しました。需要が増大したため、同社は、2007年に自動化サービスおよび発電機サービスをそのポートフォリオに加えました。2010年に、EMISは、変電所と架空線の構築と現代化に関与しました。現在、Siemens AG(エネルギー部門、化石燃料発電、計測制御、電気)がEMISの成功している事業の小数株を保有しています。SiemensをはじめABB Groupのようなその他のパートナーと提携することで、EMIS Electricsは将来に向けてなお一層の発展を期待しています。