Crown Media
実質的に無制限のアーカイブ能力を獲得し、以前よりはるかに高速に、ディスクレベルの速度で資産をリストアすることができます。バックアップ処理はなくなりますが、保護能力がはるかに向上しています。資産のコピーが必ず少なくとも2つ保持されるため、サイトでのデータ損失を完全に防止できます。

 

Roy Burns氏
Crown Media社、デジタル資産管理ディレクタ

Crown Media社は、コンテンツの爆発的増加に対処するために、Lattusオブジェクト・ストレージを導入してオンライン・ストレージを拡張

Crown Mediaが、Hallmark Channel、Netflix、iTunes、またはApple TV用のテレビ・エピソードや動画を作成する場合、そのワークフローはストレージ集約的です。コンテンツは、取り込まれた後メディア資産管理下に置かれ、ログに記録され、編集およびトランスコードされ、最終的にアーカイブされます。編集者は、多くの場合数年後に、アーカイブから過去の資産を引き出し、再配信のために準備します。

急速な成長がワークフロー・ストレージの課題

Burns氏は次のように述べています。「私たちの仕事はここ数年で急激に増加しています。映画の制作件数は、2013年は29本でしたが2015年には倍近くの56本となり、2016年には78本の制作が予定されています。すでに2年近く前に、既存のストレージ・システムではこうした制作件数の増加に対応できないことが分かっていました」

以前のソリューションは、160TBのオンラインRAID、テープ・アーカイブ、およびクアンタムのStorNextコラボレーティブ・ワークフロー・ソフトウェアで構成されていました。

Burns氏は述べています。「約2年前、オンライン・ストレージの倍増が必要になり、管理が困難になるほどデータが増加したために、そろそろ別の種類のストレージを探す時だと判断しました。新しいコンテンツが増えたことで、ひっきりなしに新しいオンライン・ディスク・ストレージを購入し、アクセス性の悪い膨大なテープ・アーカイブを管理し、思うようにコンテンツを保護できないなどの状況に追われましたが、そのままではいられませんでした」

オブジェクト・ストレージを使用したオンライン容量の拡張

Integrated Media Technologies(IMT)社からのアドバイスに従い、Crown MediaはクアンタムのStorNext 5アプライアンスとLattusオブジェクト・ストレージに移行しました。StorNext 5でコラボレーティブなストレージ管理を行い、Lattusでオンライン・ストレージを拡張し、テープに代わる高速なシステムを構築しました。

Lattusリポジトリは、オブジェクト・ストレージに数百ペタバイトのデータを保持し、数多くのディスク・リソースにデータを分散し、地理的に離れたサイトに配布します。この環境は自己回復機能を備え、RAIDよりも拡張性と回復性に優れています。Crown MediaのLattus構成は、500 TBの有効容量で始まり、ロサンゼルスとデンバーにまたがり、サイトのデータ損失を完全防止できるように設定されました。

アーカイブと保護を兼ね備えたワークフロー

新システムでは、取り込んだコンテンツは、直ちにLattusにコピーされ、カリフォルニアからコロラドにレプリケートされます。

Burns氏は述べています。「この最初のバックアップ・ステップは、我々にとって非常に重要です。異なるサイトに2つのコピーがただちに作成されるので、保護レベルは以前よりはるかに高くなります。なによりも、プロセスが自動化されているため、ITスタッフの負荷が低減され、独立したバックアップ処理のオーバーヘッドや遅延が完全になくなります」

Lattusのコピーのみを残して、非アクティブなコンテンツはオンライン・ストレージから削除されますが、編集者は、StorNextとReach Engineを介してすべての資産を参照し、取得するファイルを可視化できます。

「Lattusアーカイブに格納されているファイルは、編集者は以前よりもはるかに速く、ほぼ瞬時にとり出すことができます。アーカイブからのコンテンツのとり出しは文字通り毎日行われるため、これは私たちにとって重要です。そして、Reach Engineを介してすべてを把握できるので、すべてのワークフロー資産に対して一元的に管理と制御を行なえます」

高速、大容量、効率的な管理

Burns氏は述べています。「クアンタムのLattusオブジェクト・ストレージによって実質的に無制限のアーカイブ能力を獲得し、以前よりはるかに高速に、ディスクレベルの速度で資産をリストアすることができます。バックアップ処理はなくなりますが、保護能力がはるかに向上しています。資産のコピーが必ず少なくとも2つ保持されるため、サイトでのデータ損失を完全に防止できます。Reach EngineとStorNext 5のおかげで、運用と一元的な管理が本当に簡略化されました」

「このプロジェクトを始めたとき、私たちの多くはこのシステムが過剰に見えました。つまり、システムに見合うだけのデータ増加には数年かかるだろうとの判断でした。しかし、一年後、このシステムがなかったら死んでいただろう、私たちは役立たずに終わっていただろうと認識しました。現在は、さらにLattusの容量を倍増しようとしています。これは、データの取り込みから、編集、配信、および再利用に至るワークフローの効率を高めることで非常に貴重なものです」

主な特長

  • スケーラブルなオブジェクト・ストレージ・アーカイブによって、スケーラブルなペタバイトのアーカイブでディスクベースの迅速なデータ検索が可能
  • オブジェクト・ストレージでは、コンテンツのコピーから、サイト間のレプケーション、サイトでのデータ損失の防止までをすべて自動で行うため、別のバックアップが不要で、RAIDより高いデータの回復性を提供
  • ストレージ管理ソフトウェア、アーカイブ、およびメディア資産管理を一元的管理ポイントに統合することで、ワークフローが簡素化され、スタッフの作業効率が向上
  • StorNext 5とアクティブ・ストレージおよびXsanソリューションとの連携により、高速なオンライン・ストレージ・ネットワークが構築され、ストレージ・インフラストラクチャへの企業の投資を保護
  • アプライアンス方式のアプローチにより、インストールおよび継続的な管理を簡素化

Crown Mediaについて

Crown Media Holdings, Inc.は、Crown Media Family Networksの下に、ケーブル・ネットワークとその関連事業をポートフォリオとしている親会社です。同社は現在、米国国内90万人の加入者に高精細画質(HD)と標準画質(SD)の両方でHallmark Channelを運営・配信しています。Hallmark Channelは、品質の高いファミリー向け番組を提供する米国有数のチャンネルです。テレビ映画やスペシャル番組の意欲的作品として『Cedar Cove』、『When Calls the Heart』、『Good Witch』といったオリジナル・スクリプトのドラマ・シリーズの他、テレビの最も人気のあるホームコメディとシリーズなどを配信しています。Hallmarkチャンネルはまた、年末ホリディ・フランチャイズ『クリスマスへのカウントダウン』(24時間×7日のホリディ・プログラミングのラインナップをフィーチャー)のホームです。Hallmark Channelの兄弟ネットワークであるHallmark Movies & Mysteriesは、HDとSDを合わせて62万世帯に配信している、アメリカで最も急速に成長しているケーブル・ネットワークの1つです。Hallmark Movies & Mysteriesは、軽いタッチのサスペンスやミステリーのジャンルを中心に、さまざまなユニークなオリジナルの映画と買収したシリーズ作品を提供しています。同ネットワークは、年末ホリディ・フランチャイズの『The Most Wonderful Movies of Christmas』や、受賞歴のあるHallmark Hall of Fameライブラリーのプレゼンテーションで人気を集めています。さらに、Crown Media Family NetworksはHallmarkChannel.com
HallmarkMoviesandMysteries.com
でオンライン提供しています。