Australian Genome Research Facility (AGRF)
以前、我々はデータを定期的にバックアップしていました。クアンタムのソリューションを使用してデータを連続的アーカイブすることにより、我々はより適切にデータの保存と保護を行えるようになりました。

 

Rowan Gronlund氏
AGRF、ICT責任者

Australian Genome Research Facility(AGRF)、自社のDNAにアーカイブを埋め込む

Australian Genome Research Facility(AGRF)では、学術機関、一般産業、政府機関などの顧客をサポートするために膨大な量のゲノム配列データを蓄えています。AGRFのチームは、急速なデータの増加に対応でき、かつ価値あるデータをより適切に保護できるようなストレージ・ソリューションを必要としていました。

ゲノム配列データの急激な増加に直面

AGRFは、学術研究者、医療機関、営利企業、政府機関などを含む広範な種類の顧客向けにゲノム解析サービスを提供しています。AGRFの情報通信テクノロジー(ICT)部門の責任者であるRowan Gronlund氏は次のように話しています。「我々の目標は、大量のデータを処理し、それをある程度早いスケジュールで顧客に渡せるようにすることです」。

ゲノム配列データの保存は、深刻な課題をもたらしています。「我々が保存するデータの量は、2年半前の約3倍に膨れ上がっています」とGronlund氏は話しています。

データの増大により、AGRFがデータを保持できる期間が制限されています。「過去には、我々がデータを保持できる期間は200~300日でした。次に生成されるデータセットのための領域を確保するために、この保持期間を過ぎたデータはシステムから削除する必要がありました」。

ゲノム配列データを保護することの重要性を認識

また、AGRFのICT部門は、研究者により生成された貴重なゲノム配列データを保護する方法を持っていませんでした。ゲノム配列データが失われた場合、同ICT部門は、生体サンプルのゲノム配列を再び解析する必要がありました。ゲノム配列の再解析には4~6週間の時間がかかるほか、データの消失はAGRFの評判に大きなダメージを与える可能性があります。

クアンタムのマルチ階層型ソリューションを導入することによりデータの保存とアーカイブを実現

そこで、同社のICT部門では、クアンタムのマルチ階層型ストレージ・ソリューションを導入することを決定しました。「我々は、クアンタムの他の顧客から、クアンタムの当該ソリューションに関する非常に好意的な意見を聞いていました」とGronlund氏は話しています。

同社のICT部門では、StorNextデータ管理ソフトウェアを搭載したクアンタムのArtico NASアプライアンスを選択しました。Articoは、容量30TB以上の高性能のディスクベースのストレージを提供する製品であり、マルチ階層型のストレージおよびアーカイブ環境のフロントエンドとして機能します。また。同社のICT部門は、ArticoアプライアンスのバックエンドとしてクアンタムのScalarテープ・ライブラリを導入しました。

ゲノム配列データの長期保存が可能に

AGRFでは新しいソリューションを使用することで、シーケンサーにより生成されたゲノム配列データを長期間保存できるようになりました。「以前は、新しいデータセット用の領域を確保するために300日以内に古いデータを削除する必要がありましたが、今では最大で3年間もデータを保持できるようになりました。今では、顧客はより古いデータを要求できるようになり、我々もその要求に素早く簡単に答えられるようになりました」とGronlund氏は話しています。

アクティブ・ボルトによりコストを削減

AGRFのICT部門は、過剰なハードウェアの購入を避けるために、利用頻度の少ないテープをライブラリ内の独立したパーティションに格納できるようにする機能である「アクティブ・ボルト」を使用しています。「ArticoソリューションとScalarテープ・ライブラリをアクティブ・ボルトと組み合わせて使用することで、我々は、総コストを競合ソリューションのコストの半分にまで縮小できました」とGronlund氏は話しています。

IT管理の合理化

同ITC部門がクアンタムのソリューションを選択した理由の1つとして、同ソリューションが他のベンダーのソリューションに比べてより簡単にストレージを管理することが挙げられます。「クアンタムのソリューションは、管理のために高度な専門知識を必要としません。それこそが当社が希望していたものです。初期設定とポリシー設定を完了した後、我々はテープを追加購入すること以外に、ソリューション環境には一切手を加えていません」とGronlund氏は話しています。

ゲノム配列データの保護と迅速なリカバリーの容易化

クアンタムのソリューションの導入により、同ICT部門は、より堅牢なバックアップ戦略およびディザスター・リカバリー戦略を実現することで、貴重なゲノム配列データをより適切に保護できるようになりました。「クアンタムのソリューションを使用してデータを連続的にアーカイブすることにより、我々はより適切のデータの保存と保護を行えるようになりました」とGronlund氏は話しています。

また、クアンタムのソリューションにより、ディザスター・リカバリーも容易になりました。「Articoを使うことで、シーケンサーが生成した手つかずのバージョンのゲノム配列データを保持できるようになりました。その後のゲノム配列分析で何か不具合が発生した場合、我々はオリジナルのデータを簡単にリカバリーできます」とGronlund氏は話しています。

テープ・アーカイブは、DR保護の追加的なレイヤを提供します。「当社では2つのコピー・データをテープ上に保持しています。1つはオンサイト用、もう1つはオフサイト用です。クアンタムのソリューションを導入することで、我々はゲノム配列データを再解析する必要がなくなったほか、さらに重要なことに、当社の評判を落としかねないゲノム配列データの消失リスクを最小化できるようになりました」とGronlund氏は話しています。

使用製品

主な特長

  • コストを抑えつつ、大規模なゲノム配列データをサポートするようなスケーリングが可能
  • AGRFでは1年未満だったデータ保持期間を最大3年間に延長
  • 競合ソリューションに比べてコストを半分に削減
  • 使いやすいインターフェイスで管理を合理化
  • ゲノム配列データを簡単にリカバリーできることを保証

AGRFについて

非営利組織であるAustralian Genome Research Facility (AGRF)は、比類のない生命科学を通じて生活の質を高めることに取り組んでいます。AGRFでは、オーストラリア全土から簡単に利用できるゲノム解析サービスと専門技術を提供しています。