Agnico Eagle
「vmPROは、仮想マシンのコピーをネイティブ・フォーマットで格納するため、バックアップ・アプリケーションを実行して仮想マシンをリカバリーする必要がありません。VMDKファイルをドラッグ&ドロップするだけで仮想マシンをスタートアップできます。リカバリー時間は文字通り数日から数分に短縮されました」
- Daryl Land氏
Agnico Eagle社、ネットワーク・サービス・マネージャー

リモート仮想マシンのディザスター・リカバリー保護を強化し、重複排除のレプリケーションでリストアを迅速化

北極圏やカナダの楯状地にあるサテライト・オフィスを保護する仕事は、複雑性のレベルにおいてまったく別次元のものとなります。これが、地球上の最果ての地でデータを保護する際に、Agnico Eagle鉱山会社のITチームが直面した課題です。

Agnico Eagleのネットワーク・サービス・マネージャー、Daryl Land氏は次のように述べています。「当社の世界各地のチームはいずれも小規模で、専任のIT担当者がいることはまれです。しかし、そのオフィスに保管されているデータは極めて重要なものです」

仮想化により保護がより複雑に

Agnico Eagleの現地事務所は95%の仮想化されており、このアーキテクチャがバックアップとリストアの問題を生み出す要因となっています。ディザスター・リカバリー保護を行うには、別の場所にテープを移動させる必要があり、データの多くについては、コピーを同社のストレージ・センター内に保持する必要がありました。Land氏によると、「必要なファイルをリストアするときが本当に大変でした。数日もかかることがありました」

重複排除によるリモート・レプリケーション・ソリューション

Agnico Eagleではレプリケーションの導入を考えていましたが、サイト間の帯域幅はわずか1~2MB/秒しかなく、最大で600msものネットワーク遅延が発生していました。データの重複排除が回答になるのではないかと考えられました。

「理論的には、重複排除機能は移動が必要なデータの量を削減し、アクティブなファイルではなくバックアップ・データを扱えるようにします。問題は、それが当社の既存のネットワークで動作するかどうかでした」と、Land氏は説明します。

重要な要件となったのは、効果的な重複排除率、堅牢なレプリケーション、レプリケーション・プロセスで使用される帯域幅を制御する能力でした。

「クアンタムのDXiアプライアンスを検討したとき、これらすべての機能が搭載されていたため、中立的なインテグレータであるIT Weapons社に製品テストを依頼しました」

レプリケーションと新しい仮想マシン・バックアップ・ソフトウェア

Land氏はさらに続けます。「クアンタムには、vmPROという仮想マシンを保護するためのソフトウェアがあり、これも試してみました」

このソリューションはすぐに問題を解決しました。バックアップ・データは、vmPROで現地のDXiへ送られ、そのコピーがプライマリ・データセンターの別のDXiに送信された後、北ケベックへ送られました。現在、このソリューションは、現在操業中の鉱山のうち4個所のデータを保護しています。毎日オフサイトでデータを保護し、人手による操作を排除し、多数の小規模な事務所のデータを現地の基幹サイトにレプリケートしてから最終的に会社のデータセンターにデータを移す計画をサポートします。

Land氏は次のように述べています。「DXiとvmPROの組み合わせは驚異的な効果をもたらし、270:1の高い重複排除率を実現し、帯域幅の調整とスケジュール機能も大変優れています。DXiの遅延も十分許容できるものであり、衛星通信しか手段のない一か所のオフィスためにそれを使用するつもりです」

ファイルのリカバリー時間を数日から数分に短縮

Land氏は続けて説明します。「vmPROは、仮想マシンのコピーをネイティブ・フォーマットで格納するため、VMDKファイルをドラッグ&ドロップするだけで仮想マシンをスタートアップできます。とても信じられないほど高速です。リカバリー時間は文字通り数日から数分に短縮されました。当社のデータセンターを北ケベックからトロントへ移したときも、DXi / vmPROのコピーを使用してサーバーの再配置を行いました。DXiを使用して仮想マシンを新しい場所にレプリケートし、そこでサーバーを起動しましたが、何の問題もありませんでした」

使用製品

主な特長

  • 管理費を削減しながら、自動レプリケーションによるリモートサイトのディザスター・リカバリー保護
  • データの重複排除により、データの送信量を最大270分の1に削減し、アーカイブのディスク・スペースの節約と既存のWAN性能でバックアップ・データのレプリケートが可能
  • VMwareネイティブ・フォーマットのバックアップ・ファイルにより仮想サーバーの高速リストアが可能になり、ファイルのリカバリ時間を数日から数分に短縮
  • 既存のインフラストラクチャの保護機能を強化することで、コストを増加させることなく、データの整合性を高いレベルで実現
  • 仮想マシンのリカバリーが容易なため、仮想マシンを企業のデータセンターに低コストで移動でき、外部コンサルティング・サービスが不要

Agnico Eagleについて

1957年設立のAgnico Eagle社は貴金属を生産しているカナダの中堅の金鉱山会社です。カナダ、フィンランド、メキシコ、米国など世界9か所に鉱山を所有し、各地で探鉱開発を行っています。同社は、安全面、公共社会面、環境面で責任ある経営を行い、従業員の福祉と同社が活動する地域社会に貢献することで、経済的価値の創出に取り組んでいます。