Symantec OSTとクアンタム

分散型重複排除とライフ・サイクル・ポリシーによるサイトおよび階層間のバックアップの自動化

クアンタムのDXi®シリーズのディスクベースのバックアップおよびリモート・レプリケーション・システムは、SymantecのOpenStorage(OST)インターフェース向けにデータの重複排除と統合サポートを行います。これにより、シマンテックのユーザーは、複数のサイトと複数のストレージ階層間でデータ保護を自動化でき、シマンテックのライフ・サイクル・ポリシーを使用してすべてのプロセスを管理することができます。このシステムには、帯域幅が制限されたネットワークのための分散型の重複排除機能を提供するDXi Accent™が含まれています。

シマンテックのバックアップ・アプリケーションとDXiの重複排除アプライアンスおよびScalar LTOライブラリ間をシームレスに統合

シマンテック社のOSTプログラムの設立メンバーであるクアンタムは、OST APIを初めてサポートしたバックアップ、アーカイブ、およびリカバリー・ソリューションの専門プロバイダーのうちの1社であり、NetBackupとBackup Execの両方と、ディスクとテープの両システムでOSTをサポートする最初のベンダーでした。サポートされているOSTの機能は、バックアップ、最適化された重複排除、OST Optimized Synthetic Full Backups、Auto Image Replication(AIR)、Granular Restore Technology(GRT)などです。完全認定されたOSTのサポート、すべてのDXiアプライアンスの標準機能として提供されおり、シマンテックのバックアップ・アプリケーションとDXiファミリの重複排除およびレプリケーション・ソリューションとのシームレスな統合を提供します。DXiシリーズは、高パフォーマンスのバックアップとアプライアンスのシンプルさとを組み合わせ、OSTを使用してシマンテックのバックアップ・ソフトウェア環境へ直接統合します(DXiシリーズのファミリ全体のDXi Accent分散型重複排除のサポートも含む)。

D2D、D2Tおよび分散型重複排除のための高性能のバックアップおよびリカバリー

OSTのサポートには、高性能なディスク間のバックアップとリカバリー、重複排除に最適化されたレプリケーション(OST用語で「最適化されたレプリケーション」)、ダイレクト・ディスクツーテープのレプリケーション、およびDXi Accentの分散型重複排除が含まれています。レプリケーションとテープの作成では、DXiがデータを移動し、すべての処理はOST API経由でアプリケーションによって調整されます。DXi Accent は、重複排除プロセスの一部をバックアップ・サーバーへ引き渡します。これの利点は、固有のブロックのみがネットワーク経由でDXiアプライアンスへ転送されるため、ネットワーク帯域幅の使用率が低減することです。OST Optimized Synthetic Full Backupsは、DXiの処理能力を利用して、任意のデータを移動せずに、以前の完全バックアップと増分バックアップから完全なバックアップ・イメージを迅速に構築します。

NetBackup AIRと粒状リストア技術による迅速なリストアとビジネス継続性の向上

Symantec NetBackupのAuto Image Replication(AIR)のためのDXiサポートでは、災害発生時に「いつものビジネス」へ復帰させるまでの時間を短縮し、RTOを締め付けることで、リストアのSLAを向上します。また、すべてのDXiアプライアンスは、Symantec NetBackup and Backup Exec Granular Restore Technology (GRT) をサポートしますGRTとは、マイクロソフトのアプリケーション(Exchange、SharePoint、SQLなど)の単一のバックアップ・イメージを作成し、アプリケーション/データベースの全体または個々のコンポーネントをいずれかをリストアすることができます。GRTのリストアには、追加のコピーやステージング領域の使用は必要とせず、クアンタムの重複排除技術の高いパフォーマンスと効率性が活かされます。

帯域幅に制約のあるネットワーク経由のバックアップとレプリケーションをOSTとDXi Accentで高速化

DXi Accentは、1つ以上のバックアップ・サーバーに重複排除プロセスの一部を移動させることにより、帯域幅に制約のあるネットワーク経由のバックアップを高速化します。固有のブロックのみがネットワーク経由でアプライアンスへ送られるため、処理パフォーマンスも効果的に向上します。DXi Accentはサーバーごとに有効にすることができ、さらにローカル・サーバー、リモート・サーバー、およびローカル・バックアップ・デバイスの代替にできるWAN接続のバックアップ・サーバーのいずれでもサポートされます。OST対応のレプリケーションとダイレクト・テープ作成がDXi Accentでサポートされており、自動化されたディザスター・リカバリーの保護と低コストの統合されたデータ長期保存を実現します。

動作のしくみ

リモート・ストレージ・サーバー/ LSUへのコピー/レプリケーションを最適化

ネットワーク接続(TCP/IP)経由で、バックアップ・イメージが1つのDXiシステム内のソースLSUから別のDXiアプライアンス内のターゲットLSUへレプリケートされる場合、NBU Life Cycle PoliciesまたはBackup Exeコマンドを使用して、プロセスが開始されます。ターゲットのDXiには存在していない固有のブロックのみをレプリケートすることで、WANの帯域幅要件が90%以上低減されます。両方のLSUについて、マスター・サーバー上のカタログが更新されます。カタログは、2つのインスタンスを個別に管理し、いずれかの場所でもDXiからリストアすることができます。すべてのコピーをカタログに管理させることで、それぞれ個別に保持ポリシーを作成することが可能になります。

ディスクから直接テープを作成

DXiアプライアンス上のOST LSUのデータは、OST direct-to-tapeコマンドとLife Cycle Policiesに基づいて、ファイバー・チャネル経由でテープに直接書き込むことができます。 DXiがデータを移動すると、マスター・サーバーがカタログに新しいテープ・インスタンスを追加し、データの各コピーを個別に管理します。テープはネイティブのNetBackupフォーマットで書き込まれ、NBUメディア・サーバー経由で直接読み取ることができます(DXiは不要)。

ビジネス上のメリット

  • 高速なバックアップとリストア: データを高速でバックアップすることで、データの増加に対応し、バックアップ・ウィンドウを短縮します。非常に迅速なバックアップと単一のファイルやアプリケーション全体のリストアには、Optimized Synthetic Full BackupsとGRTを利用します。
  • WANでの効率的なレプリケーション: クアンタムのDXiの重複排除に最適化されたレプリケーションを利用して、ディザスター・リカバリーのためにシステム間でバックアップ・イメージをレプリケートし、ネットワークの接続要件を20分の1以上削減します。
  • インテリジェント階層化: Symantec Life Cycle Policiesを介してローカルおよびリモートのバックアップ・イメージ(Scalar®テープ・ストレージに向けのものを含む)の保持を管理します。NetBackupとDXiとの組み合わせで、バックアップ・サーバーを介してデータを移動せずに、OSTデータを安全に長期保存するための物理的なテープを作成します。
  • ビジネス継続性: NetBackup AIRを使用して、災害またはサイトの停電が発生した場合に迅速に回復します。
  • メディア・サーバーとDXiアプライアンス間での共有重複排除は、帯域幅に制約のある環境でのバックアップを加速します。
  • データ・ニアラインの長期維持: DXi重複排除による迅速な復旧のために、ディスクベースのバックアップをオンラインで長期間維持します。
  • 予測不可能な成長をサポート 複数のサイト、オペレーティング・システム、およびデータ保護システムのデータの成長をサポートします。
  • ストレージ・コストの最小化: レプリケーションに必要なストレージ容量とネットワーク帯域幅を低減するために、分散型重複排除を使用してコスト制御します。
 

ビデオ

Symantec OpenStorage Technology(OST)がクアンタムのDXiシステムとどのようにシームレスに連携するかご覧ください。

Symantec OpenStorageで実証済みの
クアンタム・ソリューション

電話 03-4360-9255 | メール JAPAN_INFO@QUANTUM.COM
このようなソリューションを必要としている方詳細情報を
要求する
お問い合わせ