プレスリリース

Saiba Mais Sobre as Soluções de Gerenciamento de Dados Quantum

2017/04/18: 

クアンタム、高性能と先進的データ管理の比類なき融合を実現した 新しいStorNext6を発表

統合階層型スケールアウト・ストレージを基盤とし、 大規模データ集約型ワークロードにおける専門知識をより広範囲のエンタープライズに拡大

データ保護およびビッグデータの管理で豊富な実績を持つ日本クアンタムストレージ株式会社(東京都港区、以下、クアンタム)は、数多くの受賞歴を持つStorNext®ファイル・システムの新しいメジャー・リリースとしてStorNext 6を発表しました。StorNext6は、フラッシュ、ディスク、テープ、パブリック/プライベート・クラウド・ストレージ製品など、業界随一のストリーミング性能を誇るクアンタムの階層型スケールアウト・ストレージ・ソリューションのポートフォリオに、新しい先進的データ管理機能を追加するものです。性能と管理を融合したことにより、StorNextの能力は、メディアやエンターテイメントにとどまらず、ゲノミクスや学術研究、ビデオ監視、石油・ガス、政府や自治体のセキュリティなど、その他のデータ集約型環境へと広がり続けています。

StorNext 6は、急増する大量のデータ・セットの保存に既存のNASソリューションを使用し、そのデータからビジネス・バリューの創出に取り組んでいるエンタープライズのニーズに応えます。これらのエンタープライズは、従来のNASではアップグレードが困難で十分なパフォーマンスが得られず、並列ワークロードに対応できないことを実感しつつあります。StorNext 6はこれらの制約を克服するだけでなく、各地に分散したチームによるファイルの共有とアクセス、アーカイブ・データの管理と保護、データのライフサイクル全体を通じたデータ変更の監査に、効率的でコスト効果の高い方法を提供します。クアンタムは、これらすべてのメリットを、すべての階層で最適な性能レベル、視認性、アクセスを保つ統合マルチ階層型ストレージ・ソリューションで実現しています。

コラボレーションを容易化するマルチサイトのファイル・レプリケーションと共有
現在の世界において競争力で抜きん出るには、各地に分散したチームが共通のデータ・セットを使用して、創造、分析、その他の共同作業を行えることが重要です。 StorNext 6では、FlexSyncとFlexSpaceの導入により、コラボレーションが極めて容易になります。

  • FlexSyncは、非常に管理しやすく自動化された方法により、複数のStorNextシステム間でデータを迅速・柔軟・簡単に同期させる、StorNext 6の強力な新機能です。FlexSyncは、1対1、1対多、および多対1のファイル・レプリケーション・シナリオをサポートし、特定のファイル、特定のフォルダまたはファイル・システム全体など、ほぼすべてのレベルで動作するように構成することができます。ファイル・システムのメタデータ監視の拡張機能を活用することで、FlexSyncは変更を即座に認識し、他のシステムへの反映をただちに開始できます。この方式では変更を識別するためにファイル・システムをロックする必要がないので、同期の所要時間を数時間または数日からわずか数分または数秒にまで短縮することができます。その結果、ユーザーは、複数のサイトで利用できるファイルのコピーを自動作成するポリシーを設定し、さまざまなチームが必要なときにいつでも迅速かつ容易にデータにアクセスできるようにすることも可能です。さらに、FlexSyncでは、サイト間の自動レプリケーションにより、データ保護も強化されています。
  • FlexSpaceでは、世界各地に配備されているStorNextの複数のインスタンス、および地理的に分散しているチーム間で、単一のアーカイブ・リポジトリを共有し、同じデータ・セットに容易にアクセスすることができます。異なるサイトにいるユーザーは、ファイルを共有アーカイブに保存し、リポジトリからデータを参照したり取り出したりすることもできます。共有アーカイブのオプションには、パブリック・クラウド・ストレージ ― StorNextの既存のFlexTier™機能を介してAmazon Webサービス (AWS)、Microsoft AzureまたはGoogle Cloud ― およびクアンタムのLattus®オブジェクト・ストレージをベースとした、またはFlexTierやサードパーティー製オブジェクト・ストレージ (NetApp StorageGRID、IBM Cleversafe、Scality RINGなど) を介したプライベート・クラウド・ストレージがあります。また、FlexSyncと同様に、FlexSpaceもポリシーに従ってファイルを全自動で移動するので、効率が向上し、オフサイト・ストレージでデータ保護を強化できます。

優れた俊敏性をもたらすStorNextクライアント機能の強化
StorNext 6では、クライアント・ワークステーションで、マシンごとに、ユーザーがパフォーマンスを調整して最適化できる、新しいQoS (サービス品質) を提供します。QoSを使用して特定のワークステーションに適切な帯域幅割り当てを指定することにより、管理者は、ビジネスの優先順位に応じてストレージのリソースを最適化 (たとえば、緊急を要するプロジェクトの要求の厳しいアプリケーションにより多くの帯域幅を割り当てるなど) し、優先順位の変更にも素早く対応できます。

StorNext 6では、クライアント・プラットフォームで数十万から数百万に及ぶオフライン・ファイルを含むアーカイブ・ディレクトリを参照でき、ディレクトリ全体を取り出す必要がありません。その結果、この機能はアーカイブ検索プロセスを大幅に合理化し、ユーザーは必要なファイルを迅速に取り出すことができます。

ROI増大を実現するファイル・コピー有効期限と深いインサイトをもたらすファイル監査
フラッシュ、ハードディスク、オブジェクト・ストレージ、テープ、クラウドにまたがる単一の名前空間に広がる統合型ソリューションの基盤として、StorNextは階層化を通じてストレージの総コストを削減してきました。StorNext 6にはコピー有効期限の新機能が追加されました。高価なストレージ階層からファイルのコピーを自動的に削除することにより、スペースが解放され、全体的なROIが増大します。さらに、1つのファイルの複数のコピーがストレージから削除されるときは、StorNext 6の補完的な選択式取り出し機能により、残りのコピーの取り出し順をユーザーが指定できます。この機能により、ビジネスまたは組織のニーズに基づいて最も適切なストレージ階層からファイルが取り出されます。

StorNext 6では、データのライフサイクル全般でファイルの効率的な変更を追跡し、ファイルの変更者、変更日時、変更内容、ファイルが移動されたかどうか、移動された場合は移動先に関するレポートを生成できるようになりました。管理者がファイルをきめ細かく管理でき、使用パターンへのインサイトを得られることに加え、この新しい監査機能はコンプライアンス要件のサポートにも有効です。

出荷時期と価格
StorNext 6は、2017年夏以降、新規のXcellis™、StorNext Mシリーズの製品、Artico™アーカイブ・アプライアンスに搭載予定です。各製品の価格詳細は、当社販売パートナーにお問い合わせください。 StorNext 5のお客様には、現行のサポート契約に基づき、追加費用なしでご提供予定です。

支持表明
Keeper Technology社創立者 David Donald氏

「クアンタムは、最もデータ・インテンシブな環境向けのソリューション提供の最前線に立ち、顧客のデジタル資産の保存、管理、保護を支援しています。StorNext 6の大幅な改善は同社の継続的なリーダーシップを証明するものです。クアンタムの長年にわたるパートナーとして、このようにエキサイティングな新機能を顧客に提供するのが楽しみです。」

451 Research社ストレージ部門リサーチ・ディレクター Henry Baltazar氏
「エンタープライズが成長を続けるデジタル・データの戦略的価値を最大化しようとすると、コスト増と複雑化という問題に直面します。クアンタムのStorNextは要求の厳しいスケールアウト・ストレージのユースケースにおいて長年の実績を持ち、新しいStorNext 6の優れた性能とデータ管理機能の強化は、ユーザーがより簡単かつ低コストでビジネス目標を達成することを可能にします。」

クアンタム グローバル・マーケティング担当VP Molly Presley
「従来のNASおよび汎用スケールアウト・ストレージ製品は、現在の非構造化データ管理の需要増大を満たすには不十分になりつつありますが、クアンタムは今後もStorNextベースのソリューションでさらに大きな進歩を実現し続けます。私たちは、企業やその他の組織が新しい方法でデータを操作し、それによって創造性、生産性、革新、インサイトを推進できるようにすることを目標に、StorNext 6を設計しました。」

その他資料
 

クアンタムについて
クアンタムは、スケールアウト・ストレージ、アーカイブ、データ保護を専門とするリーダー企業であり、全体的なデータのライフサイクルを通じてデジタル資産の共有、保存、およびアクセスのためのソリューションを提供しています。クアンタムはお客様が抱える最も過酷なコンテンツ・ワークフローのニーズに応えることにより、中小企業から大企業に至るまで、100,000社以上のお客様からの信頼を得ています。お客様はクアンタム製品を使用することで、自社の価値を最大化するためのエンドツーエンドのストレージ基盤を確保し、必要に応じていつでもどこでもそれを利用できるほか、永久にそれを保持することにより、総コストを削減し複雑性を減らすことができます。詳細は、http://www.quantum.com/jp/customerstoriesをご覧ください。

Quantum、Quantum ロゴ、Artico、Be Certain、DXi、LattusおよびStorNextは、クアンタム・コーポレーションの登録商標または商標であり、米国の特許商標局およびその他の国に登録されています。その他の商標や登録商標はそれぞれの各社が所有権を有するものです。

お問い合わせ先
日本クアンタム ストレージ株式会社 (http://www.quantum.com/jp/
email: japan_info@quantum.com
Tel: 03-4360-9255 (代表)

お問い合わせ

最新情報を受け取る

YouTube Twitter Rss